■タカラトミー 変形!ヘンケイ!トランスフォーマー D-06 新破壊大帝 ガルバトロン■


・ガルバトロン-ビークルモード-・
変形!ヘンケイ!トランスフォーマーシリーズより、「新破壊大帝 ガルバトロン」の登場。
メガトロンがエネルゴンの力を得てパワーアップした姿。 ビークルモードは戦車へ。
(砲塔横ミサイルポッドを起こし忘れています)
付属品として本体及び説明書の他にキャラクターカードと漫画付きの小冊子が付属しています。

砲身部にはクリアパーツを使用。砲塔および車体側部パーツにはメッキ処理が施されています。
キャタピラは固定ですが、底部に小さな車輪が設置されており、転がし走行を行う事が可能です。
主砲からは付属のミサイルパーツをスプリングギミックで射出可能。
ちなみに砲身はサイズ及び変形ギミックの為か、上下に可動させる事は残念ながら不可能です。
砲塔自体は可動するのですが、砲身の角度が固定されてしまうと微妙に弄りにくいですね。
(↑画像ロールオーバー)







旧トイ版でお馴染の形態、移動砲台モードへ。
説明書などには載っていない形態ですが、謎の脚パーツがあった為 せっかくなのでそれっぽく使ってみました。。





ビークルモード→ロボットモードへ。





変形機構は小さいサイズながらもかなり複雑なものになっています。
更にビークルモード時、各パーツのロックがカッチリかかり過ぎている部分も多々あり
作業が多い変形ギミックと相まって、慣れても一苦労です。
(特に砲塔部を肩側に移動させる工程ではロックが堅過ぎて、最初の数回は内側から工具などで無理矢理外してやらなければなりませんでした。)




・ガルバトロン-ロボットモード-・
第一印象は「ちっさ!」 なんだかちんまりしていて可愛いサイズです。
(こちらでも肩のパーツや背部のパーツを起こし忘れちゃっています。 スイマセン)
造形自体は非常に細かくカッチョイイのですが、他キャラと並べた時どうしても違和感が。
しかし、ビークルモード時には灰色一色だったボディが、トランスフォーム後には
メインカラーの紫が出現してガラリと雰囲気が変わる、この作りには関心させられました。
ただビークル時の外装が背部に殆ど背部に追いやられてしまっているので、若干バランスは悪めですが。
目にはお馴染の集光ギミック付き。 勿論ロボットモード時でも主砲のスプリングギミックは使用可能です。






可動個所&各部ギミック。

首:横ロール。 腰部:横ロール。


右肩:上下ロール。 右上腕:横ロール。 右肘:二重スイング。
右肩は基本、変形機構の都合で上下にしか動かせませんが、接続アームのロックを外せば肩の引出関節として使用できます。


左肩:二重(上下スイング+ボールジョイント接続) 左上腕:横スイング。 左肘:二重スイング。


太腿:横ロール。 膝:前後スイング。 足首:基部横ロール+前後スイング+ボールジョイント。
足首は良く動き、接地性も良いのですが、足周りが独特な作りになっている為バランスは悪めです。


サイズ比較。
一回りほど小さくなっちゃっています。 存在感はすごいですが。















右肩や下半身部は背部のパーツと干渉しやすく、関節の作りも独特な為
全体的に可動に関してはかなりクセがあります。






変形ギミックのみ単体で見ると見どころも多く、個人的にはかなり好みなのです(プロポーションも良いですし)
しかし、その変形ギミック自体が脚を引っ張ってしまっている部分が多々有り、全体を通して弄りにくく感じました。
ある程度こういったモノを弄り慣れた大きなお友達は良しとして、子供のみで弄るとなるとかなり辛いものがあるかもしれません。

-TOP-
2009/01/25