バンダイ 聖闘士聖衣神話 死を司る神 タナトス■


聖闘士聖衣神話シリーズまさかの新展開。新作アニメ「エリシオン編」開始に合わせ、聖闘士聖衣神話に「死を司る神」タナトスが登場。
なんでもアリかよこのシリーズ!
聖闘士星矢の中で1.2を争う大ボリュームの鎧を纏うこの方が出ちゃったら、もうなんでも(商品化)できる気がします。
聖闘士聖衣神話シリーズ初の純粋な「神様」キャラ(ハーデス瞬は肉体が人間)
特徴的な大型翼をはじめ、巨大なスカートアーマーや前垂れなども見事に立体化。
画像ではわかり辛いですが、タナトスの冥衣はお馴染みのメッキ処理の他にパールメッキ処理が施されている部分もあり、質感の違いを再現しています。
(↑画像ロールオーバー)

その大ボリュームの冥衣のお陰で箱も今までに無いサイズの物に。 箱のデザイン自体はいつも通りなのですが下手すると真ん中から真っ二つ。
店頭でパッケージ内側を確認する時はしっかりと両手で保持しましょう。

素体は3rdを使用。 このボリュームなので関節保持力のない3rd素体で大丈夫なのかと心配していましたが
後部大型翼の2点で本体を支えてくれるので、むしろ今の物よりもカッチリと自立してくれます。
しかし大型翼を浮かしてしまうと あっという間に股が開脚してスッテンコロリン。 ポーズを付けさせる場合は別売りのスタンドが必須ですね。
お馴染みのネームシールも付属。 素体の可動範囲などはコチラを参照にしてください。










前髪パーツの差し替えでマスクの有無を再現。 髪はラメ入りのシルバーですね。
額にはしっかりと五芒星のチャクラがプリントされています。
後ろ髪はいつもと同じ方法で接続されていますが、今回妙にジョイントの保持力が強くなっており
弄っている最中一度もポロリすることはありませんでした。 素敵。


肩アーマーに接続されている前垂れパーツはボールジョイント可動。
スカートアーマーの羽パーツ1つ1つが独立可動、さらにフロントアーマーは中間でパックリ割れるようになっており
脚の可動に極力干渉しないように配慮されています。 スカートアーマーは形を整えるのに少々面倒ですが
全てのパーツが別々に可動するので脚を広げても不自然に広がる事も無く、素立ち以外のポーズでも見た目は非常に綺麗です。


大型翼は背中接続ジョイント上下前後可動。 さらに翼は一枚一枚動くので大きく翼を広げる事も可能。


オプションハンド×4種(握り手、平手×2、竪琴用手)


妖精達の前でジャンジャカやっていた竪琴も付属。
オルフェに付属した竪琴同様、弦一本一本別パーツで再現されています。
この服装については下で。





初登場時に纏っていたマントも付属(普段着?)
劇中ではこの下に冥衣をビシっと着込んでいましたが、本商品では服の作り+バランスの都合上
冥衣は胴体部のみ装着させてマントを纏わせます。 全身隠れるので何の問題もありませんが。
ちなみに肩アーマー外すと給食当番に。



タナトス素体。
なんだか一気に貧相になられました。






・死を司る神タナトスの冥衣(オブジェ形態)・
“神”タナトスを模したオブジェ形態。
(↑画像ロールオーバー)

個人的に人型のオブジェ形態はパーツ配置が装着時と似たり寄ったりで面白みが無く、好みではないのですが
タナトスのオブジェ形態は細かい部分のパーツの変形などがしっかりと再現されており、それにこのボリュームも相まって
久しぶりに人型で組んでいて面白いオブジェでした。 台座部分もカッチリしているのでぐらつく事もありません。
ちなみに前垂れパーツはオブジェ時に専用の物と交換する必要があります。(デザインを気にしなければそのままでも問題ありません)


]










マント状態では冥衣に干渉される事無く、素体の可動を活かしたポージングを楽しむことができます(マント状態でも戦闘シーンありましたしね。)













このボリュームなので置物状態確定かと思っていましたが、可動に対する工夫がしっかりととられており
バランスを取れるかどうかは置いておいて、結構自由度の高いポーズをとらせることが可能。。
“見て楽しむ” “動かして楽しむ” 両方ともコレでもかと堪能できます。
勿論冥衣だけではありません、今回予想外にいい仕事してくれたのがマント状態の再現。
まさかここまでやってくれるとは思いませんでした。

その分お値段はいつものはるか上をいっていますが、この豪華さに目が眩んで何も見えません(主に財布の中身とか)
さて、ここまでくるとキャラクター全員出す気なんじゃないかと、いろんな意味でホラーになってきた本シリーズ。
今度はどんな形で我々を驚かせてくれるのでしょうか。

-TOP-
2008/03/28