バンダイ 聖闘士聖衣神話 ペルセウス アルゴル■


・ペルセウス座のアルゴル・
教皇よりグラードコロッセオの破壊と城戸沙織の拉致を命じられた白銀聖闘士「ペルセウス座のアルゴル」が聖闘士聖衣神話で立体化。
視線で相手を石化する能力を持つ「メドゥサの盾」を持つ、白銀聖闘士の中でも屈指の実力者。 盾キャラ被りには注意。
アニメ版、原作版と若干聖衣のデザインが違うペルセウス座の聖衣ですが
本商品では一部パーツの差し替えによって、両タイプの聖衣を再現することができます(↑画像はアニメ仕様)
サンプル画像などでは頭部の造形に不安がありましたが、製品では大分雰囲気が変わっており
劇中の雰囲気を残しつつ、上手く今風(小顔&シャープ)にアレンジされている様に思います。 凛々しいお顔です。
素体は3rd素体を使用。 可動範囲などはコチラを参考にしてください。






付属品&各ギミック

オプションパーツ一覧
オプションハンド×3種(握り手、平手×2種)、手甲パーツ×2セット
聖衣原作仕様再現パーツ一式、メドゥサの盾(開眼)
画像はありませんが、別売りの専用スタンド対応のネームシールも付属しています。


マスク、腰部フロント&リアアーマーを交換し、足首部に装飾パーツを追加することで、原作仕様のペルセウス座の聖衣に。


前髪パーツの差し替えでマスクパーツの有無を再現。
なんだか凄い形状の前髪ですね。バナナの房?


フェイスパーツの差し替えで、目を閉じた状態に。
んー、こちらはサンプル通りといった印象。なんとも穏やかな表情をなさっています。
瞼のプリントは原作のまんまで良かったと思うのですが。


メドゥサの盾はブレスレット状の専用パーツを使用し、前腕部アーマーの手首に装着。
基本左腕に装着するものですが、形状自体は共通なので両腕に装着できます。
自由に角度を変えることも可能です。


メドゥサの盾はダイキャスト製。
分かりにくいですがメドゥサの目が閉じているものと、開いているものの2種類が付属しています。
メドゥサの盾は手首部だけではなく、設定通り背部に取り付けることも可能です。



アルゴル本体
後ろ髪パーツは、首の関節ジョイントに挟み込む形で固定しています。







・ペルセウス座の聖衣(オブジェ形態)・
怪物メドゥーサを打ち取った、英雄ペルセウスを模した(と思われる)オブジェ。
基本装着時と同じパーツは位置ですが、下半身は省略されており、脚パーツなどは胴体内部に収納されています。
ちなみに設定では腰部アーマーからの下はありませんが、脚部パーツ収納の為のスペースを空けるために
オリジナルデザインの専用台座が本体の下に取り付けられています。
専用台座の裏には、盾装着用のブレスレットパーツや、原作仕様の足首部装飾パーツを収納できます。


























サンプルを見た時は正直不安たっぷりでしたが、実物は男前になっており雰囲気もそれらしく一安心。
(目閉じ顔はサンプルのままで、なんともアレな感じが漂っていますが…)
原作版とアニメ版、両方の聖衣を再現できる、充実したオプションも嬉しいですね。
聖衣の肩や腰アーマーなどには、最近の聖闘士聖衣神話シリーズお馴染みとなった
引き出し式の接続用アームが多用されており、可動面への配慮もバッチリ。
青銅以上黄金未満の白銀聖闘士ならではのボリューム(?)で、素体の可動を生かしたアクションを楽しむことができます。

白銀聖闘士第一弾の「聖闘士聖衣神話 ライラ オルフェ」から約4年、大分間が空きましたが
遂に聖闘士聖衣神話で白銀聖闘士シリーズが本格始動する様です。
黄金聖闘士の様な派手さはありませんし、青銅聖闘士の様な活躍の場も無かった
劇中ではなんともアレな扱いだった白銀聖闘士達ですが、クロスやオブジェのデザインなどは
どれも魅力的で遊び心が詰まっており、個人的には黄金聖闘士や青銅聖闘士の物よりも、印象深い物が多かったりします。
どいつも立体化して映えそうな連中なので、白銀聖闘士達の立体化には色々と期待しています。
今のバンダイだったら銀蠅座だってやってくれると信じています。
…でもその前に、とりあえず青銅聖闘士の神聖衣は完結させておいてください。


-TOP-

2010/03/02