本当のデス様名場面集


来ちゃいましたね、冥界に。 ここはデス様の本来の姿を見ていただきましょう。
デス様といえば「名ヤラレ役」 アテナに忠誠を捧げ、地上の愛と平和を好む聖闘士の頂点黄金聖闘士の一人としながらも
力こそ正義と疑わない絵に書いたような悪役のデス様。 そんな彼は日本中の蟹座の人から嫌われながらも、ファンからは名ヤラレ役として愛されているのです。


では、まず「聖域 十二宮編」からの名シーンです。





|゚Д゚)!


     

|゚Д゚)!!




|゚Д゚)!!!




|゚Д゚)<・・・・・



|゚Д゚)<・・・・・


ど、どうです、このヤラレっぷり。こんなもんじゃ終わりません。


続いては「ハーデス編」。 ハーデス編はハーデスがアテナを殺そうと死んだ黄金聖闘士達を蘇らせ、アテナの首をとらせようと企む事から始まります。
黄金聖闘士はハーデスの誘いに乗ったフリをしてアテナに聖衣の秘密を教えようとし、ハーデス軍にその事を悟られないようにするために
過去一緒戦った友たちにも本当の事を教えないままサンクチュアリに攻め込みます。 
そう、蘇った黄金聖闘士たちは演技でハーデス軍の軍門に降ったとゆことになっているのです。
つまり、デス様もアテナを守る為にわざと逆賊の汚名を背負ったのです。
ではその時のデス様です。



   

(;´∀`)う、うわぁ。 結局蘇ってもこれかよ。





   

('A`)いやいやいや、モチツケ星矢。




失敗してアフロディーテ(画面左)と戻って来ちゃいました。 怯えすぎです。 きっとこれも演技に決まってる。 だって黄金闘士だもん。




( ´∀`)あ、演技じゃねーや、マジだこれ。




蟹&魚死亡。 ちなみにこの時ハーデス編は超前半。
まだサンクチュアリ入り口でシオン(蘇った黄金聖闘士のリーダー 前教皇)達がムゥと長々と話している時です。 この後壮大にストーリーは続きますが、この二人二度と出てくる事はありません。あ、3コマぐらいあった、たしか。 そのときは黄金闘士の一人としてしかで出てきません。



いかがでしょうか? デス様の活躍ぶり。 今まで聖闘士星矢に興味が無くてもデス様のために読破する価値はあります。
是非読んでみてください。そして次の日職場や教室で友達に「君何座? え?蟹座? (,,^Д^)ゲラゲラ」 と言ってあげましょう。
え?私は何座かって?          ('A`)魚座です。  魚座アフロディーテのレビュー お楽しみに。