バンダイ 聖闘士聖衣神話 キグナス氷河(初期青銅聖衣)■


聖闘士聖衣神話、青銅聖衣(アニメ版初期青銅聖衣)シリーズ第三弾は、“白鳥星座の聖衣”を立体化。
アニメ版オリジナルデザインのキグナスの初期青銅聖衣をオール新造で作り起こし。
漫画版と比べると胸や脚周りのボリュームが増えていますが、星矢や瞬達程大きな変化はありませんね。
キグナスの場合はこの初期版から新生、最終へと、デザイン面ではさほど大きな変化なく続いていきます。
腰パーツにボリュームがあるので、聖衣の面積でいえばこの初期版が一番重装備でしょうか。

聖衣に関してはいつも通りのそつない作り。 装着状態及びオブジェ形態共に綺麗に纏まっています。
個体差かもしれませんが、腰部左プレート及び左膝パーツが他より外れやすい印象を受けました。
素体は3rd素体を使用。 可動範囲などはコチラを参考にしてください。

頭部はアニメ版初期をイメージしてか、他バージョンの氷河よりも幼い印象を…出そうとした跡は見受けられます。
目が妙に濃く(眼力強すぎ)、それに対して口元がノッペリとしているので、変に目元だけが浮いてしまっています。
立体感が無く、まるでお面を付けている様。 なんというか、同初期版の星矢と同じ匂いがします。
髪パーツに関しては、その星矢と比べ、細かくシャープな作りになっているので、良い仕上がりだと思います。






付属品&各ギミック

前髪パーツの差し替えでヘッドギアパーツの有無を再現。


オーロラエクスキューションなどの、腕を前に出すポーズ用に
通常時の胸部アーマーとは別に、オリジナルの小型化した胸部アーマーが付属。


聖衣側の可動箇所はお馴染みの肩アーマー(三重可動)と腰アーマー(各上下スイング)位です。
翼パーツ取り付け時には、翼パーツの基部2箇所(縦ロール&前後スイング)が可動します。


「聖闘士聖衣大系」シリーズから引き継いだ玩具オリジナルギミックとして、オブジェの翼パーツを本体にも装着できます。


オプションハンド一覧
オプションハンド×6種(握り手、平手×2種、右持ち手、右指差し手、組み手)、手甲パーツ×2セット



氷河素体
後ろ髪は聖衣の襟に合わせた形状になっており、聖衣を外すと浮いた状態になります。







・白鳥星座の初期青銅聖衣(オブジェ形態)・
“おまる”っぷりを見事再現。 こじんまりしていて、なんとも可愛いオブジェです。
オブジェ自体小さくまとまっているので、同初期版のペガサスなどと比べ、装着パーツの密集度は高めです。
また大系版では、オブジェ形態のベースとなる台パーツが黒一色となっていましたが
今回の神話版では台座部分にも全てメッキ処理が施されているので、スカスカ感も大分減っています。
設定の都合上余剰パーツとなるヘッドギアは、首の後ろに組み込まれ
手甲パーツも背中の一部に組み込めるので、余剰パーツ無しでオブジェベースに取り付けられます。
ちなみに、オブジェの翼の取り付け位置ですが、パッケージや公式サイトの画像では背中に。
説明書では↑画像の様に、首元に取り付けるよう指示があります。
発売前のサンプル画像などでは首元に取り付けられていたので、多分首元の方だと思うのですが。
(↑画像ロールオーバー)






























聖衣にボリュームがあり、装着状態・オブジェ形態共に綺麗に纏まっているので、パッと見、見栄えは良いのですが
やはり今回も残念ながら、顔が全体の足を引っ張ってしまっています。 ヘッドギア+髪のボリュームである程度誤魔化しは利きますが。
前回のアンドロメダ瞬(初期版)で持ち直したと思ったのですが、結局はペガサス星矢(初期版)の方向に逆戻り。
初期青銅聖衣シリーズは残り2人となりましたが、こうなるとその2人にも今から大きな不安が出てきてしまいます。
最近の聖闘士聖衣シリーズ全体を通して見ても、顔のクオリティは安定しておらず、商品によっての落差が激しすぎます。
ポセイドン編&アスガルド編が展開していた位の時期は、今考えれば驚くほど安定しており、“安心感”のあるシリーズでした。
こちらの目が肥え過ぎているというのもあるのかもしれませんが、今現在でも良い物はしっかりと出続けているワケで
決してコレがこのシリーズの限界ではないハズです。 そういった事も含め残りの初期青銅聖衣2人に期待しています。


-TOP-

2010/10/30