バンダイ 聖闘士聖衣神話EX ジェミニサガ■


バンダイの人気トイシリーズ「聖闘士聖衣神話(セイントクロスマイス)」を更に昇華させた
新たな「聖闘士星矢」アクションフィギュアシリーズ『聖闘士聖衣神話EX(EXclamation)』が登場。
「聖闘士聖衣神話」に新たな解釈や最新技術を投入し、聖衣と素体の一体感を飛躍的に向上。
聖衣を着た状態でも高い可動範囲を実現させ、様々なポーズをパーツ換装無しで再現。
聖衣には一部ダイキャストを使用し、オブジェ形態への組み替えも可能。
(公式サイト解説文より抜粋 ↑画像ロールオーバー)




新シリーズに合わせ、パッケージデザインも従来の聖闘士聖衣神話シリーズの物から大幅に変更。
クロスボックス風のパッケージに、商品写真がデザインされたスリーブを被せた高級感溢れる新仕様のパッケージに。
クロスボックスのレリーフ部はジェミニのイラストとなっており
スリーブ部だけではなく内ボックス部もキャラクター毎に専用のパッケージが用意されていく様です。
パッケージ自体のコレクション性も高まっていますね。 …場所取りますが。
(↑画像ロールオーバー)







・双子座のサガ(善)・
記念すべき聖闘士聖衣神話EXシリーズ第1弾は黄金聖闘士より“双子座(ジェニミ)のサガ” 初っ端から飛ばしています。
聖闘士聖衣神話EXに合わせて可動素体も含め全てのパーツを完全新規作り起こし、ジェニミのサガを再立体化。
聖衣パーツ装着状態時のスタイルと可動の両立をコンセプトに、装着トイや可動トイなど様々なシリーズで培った技術や経験を投入した、入魂の聖矢トイシリーズです。

全高:約180mmとサイズは従来の聖闘士聖衣神話シリーズから変化はなく、商品仕様も素体となる可動フィギュアに
ダイキャストパーツを多用した聖衣(クロス)パーツを装着させるといった形の、お馴染みのアーマー装着型トイとなっています。
今回の聖闘士聖衣神話EXではクロス装着時のスタイルに重点が置かれ、クロスと素体の一体感が飛躍的に向上しています。
クロス装着時のスタイルの変化は一目瞭然。 劇中イメージのスマートなスタイルをクロス装着時で見事再現しています。
サンプル画像等を見た時は胴体部の細さがに気になりましたが、実際に手に取って見るとと全く違和感がありません。
クロスパーツの装着構成も従来の物から大幅に変更され、今までは無可動だった装着後の胴体周りの可動も可能となりました。

ヘッドパーツを始めとした各部造形も聖闘士聖衣神話版から劇的に進歩しています。 約6年でここまで変わるとは。
サガのヘッドパーツは「聖闘士聖衣神話APPENDIX」にて一度作り直されていますが(冥衣版は色が異なるので除く)
その時は何故か閉目状態のみと非常に残念な結果に。
今回は通常状態の開眼フェイスは当然のこと、その他にも複数のフェイスパーツが標準付属しており、バリエーション豊かな表情を楽しめます。
フェイス部造形はアニメ版を強くイメージした作りに。 小顔で良い感じ。
鼻や口元のディテールも立体的で、イラストイメージを上手く立体物として表現していると思います。
髪もシャープで○ 後ろ髪パーツの接続は従来とは異なる構造になっており、ポロリが無くなりました(詳細は下で)

クロスのダイキャストパーツ使用箇所は、腹、手甲、足首部カバーを除く全て。
ジェニミのクロスの色合いは聖闘士聖衣神話(初版)と比べると大分薄めに。
各部カラーリングもアニメ版カラーを強くイメージしたもので、部位による異なる細かな色合いの違いが表現されています。
ただ足首部カバー(プラ)と脛アーマー(ダイキャスト)の色合いの差は、肉眼で見るとちょっと気になるかな。










ジェニミのゴールドクロス 各部ギミック

バケツでお馴染みのジェニミのヘルメットパーツも当然付属。
髪パーツとの差し替えで装着できます。 装着方も従来とは異なる構造に(詳細は下で)


肩アーマーのジョイントは従来の接続部の上下スイング可動に加え
その先に折り畳み式の2重スイングとボールジョイント可動が組み込まれています。
ジョイントを引き出せば肩アーマーを真後ろに倒す事が可能。
加えて肩アーマーの前後側面部に設置された各プレートアーマーも開く様になっているので
基本的な腕の可動は当然、腕を真上に上げる「ギャラクシアンエクスプロージョン」ポーズまで難なく再現可能に。

肩アーマーの可動自体は冥衣版で既に引き倒しが可能となっており、腕を大きく持ち上げられるようになっていましたが
今回はボールジョイントと2重スイングにより、より細かな位置調整が可能となっています。
腕の位置に合わせて肩アーマーの向きを変えられるので、単に腕の可動域を広げるだけでは無く
腕可動時でも肩アーマーのラインを綺麗に保つことが出来ます。


腹部アーマーは胸と腰のアーマーから独立しており、内部の可動素体の胸周りの可動と連動して動きます。
これにより従来の聖闘士聖衣神話シリーズでは不可能だった、フルアーマータイプのクロスでも胴体周りの可動が可能に。
胴体部の可動の詳細は下で。


腰部フロントアーマーはボールジョイント&スイング可動の2重ジョイントにて可動。
腰部リアアーマーは2重スイング可動による2重ジョイントにて可動します。
それぞれ大きく持ち上げることが出来るので、股周りの可動にも柔軟に対応できます。


腰部サイドアーマーは2重スイング&ボールジョイントによる3重ジョイントにて可動。
これにより↑右画像の様に股関節の可動域をフルに使うことが出来ます。
更にボールジョイントにより、サイドアーマーとフロントアーマーには捻りも加えられるので
脚を前に出した状態でも腰部アーマーを追従させ、クロスのラインを綺麗に保つことが出来ます。


肘や膝もクロス装着時でもほぼ可動域一杯に曲げることが出来ます。
その他首や肩、手首や足首なども同様。






聖闘士聖衣神話EX用新素体

・ジェニミサガ用可動素体・
可動素体も聖闘士聖衣神話EXに合わせて新規作り起こし。
クロス装着時のスタイルに重点が置かれている為、可動素体自体のスタイルは二の次といった作りになっています。
特に肩と胴周りの割り切りっぷりは凄い。 神話シリーズ的にこれは4th素体ってことになるのかな?

3rd素体で長年問題視された股部関節保持も遂に改善されました。
ガッチリと安定した保持により、クロス装着時に大股開きしてもその状態をしっかりとキープしてくれます。
ボールジョイントむき出しの肩関節は一見心配に思いますが、実際は股関節同様に保持は問題ありません。

各可動関節もクロス装着時の可動に重点が置かれた作りになっており、腰部可動はシンプルなロール可動のみです。
可動自体は3rd素体と比べると劣る部分もありますが、今回の新素体の本領が発揮されるのはクロス装着後。
ゴールドセイントのゴールドクロスの様なフルアーマータイプのクロス専用素体みたいなもので
胴体をアーマーで覆っても、可動素体そのままの可動を行える作りになっています。
腰のロール可動はクロス装着時に腹の位置がズレない為の配慮だと思います。








聖闘士聖衣神話EX用新素体 可動箇所&各部ギミック

首:4重(頭部側:ロール+前後スイング+ロール&胴体側:ボールジョイント)


フェイスパーツ及び髪パーツの固定は従来の構造とは異なり
内部のフレームパーツに、フェイス&髪パーツをそれぞれ取り付ける方式に変更されています。
過去のはフェイスパーツに直接髪パーツを取り付けていましたが、それだとジョイント部が太く、交換し難いことが多々ありました。
この方式だとジョイントが細く、保持力も適度にあるのでスムーズにフェイスパーツの交換が可能です。
ヘルメットパーツの装着時にはフレームパーツ上部に設けられているポイントに、ヘルメット内部のピンを直接差し込みます。

後ろ髪パーツは従来の首ジョイントに差し込むタイプでは無くなり、↑右画像の様にジョイントパーツを通して首に固定します。
これにより後ろ髪が他の部分に干渉して外れたり、保持が弱まってポロポロ落ちてしまうといった心配が無くなりました。


胸:ボールジョイント。 腰:横ロール。


肩:ボールジョイント。 上腕:横ロール。 肘:2重スイング。
手首:球体ジョイント(腕側:横ロール&中間部:スイング&手側:ボールジョイント)
ハンドパーツの交換も以前のと比べると大分やり易くなっている様な気がします。


股:ボールジョイント。 太股:横ロール。 膝:2重スイング。


足首:3重(脚側:横ロール&中間部:前後スイング&足側:横スイング) つま先:上下スイング。







・双子座の黄金聖衣(オブジェ形態)・
従来の聖闘士聖衣神話シリーズと同様、オブジェ用フレームにクロスパーツを取り付けることで恒例のオブジェ形態も再現可能。
胴周り等の一部パーツの構成は異なりますが、フレームパーツへのパーツ取り付けは聖闘士聖衣神話版とほぼ変わりありません。
クロスパーツ自体の造形は当然異なっているので、オブジェ形態時のスタイルには変化が見られますが
ちょっと前に出た冥衣版のオブジェがこれに近いスタイルなので、オブジェ形態自体の目新しさは差ほどありません。
腕部フレームはパーツ装着の都合上、肘に当たる部分が可動するので腕の位置はある程度調整可能です。
(↑画像ロールオーバー)













付属品&各ギミック

オプションハンド×5種(握り手、素体用握り手、平手×2種、技用指さし手)、手甲パーツ×2セット
フェイスパーツ×5種、悪の人格時用髪パーツ×一式、可動式マント(画像省略)、オブジェ用フレーム(画像省略)



フェイスパーツは善の人格時の3種(通常時、閉眼時、叫び時)の他に
悪の人格時と謎の男状態の2種、計5種類ものフェイスパーツが付属しています。
神話版とは異なり、フェイスパーツの肌は成型色によってカラーリングが再現されています。
個人的にはこちらの方が色合いは自然に見えます。

謎の男フェイスパーツは聖闘士聖衣神話版とは異なり、目元のみが暗い状態です。
目元の影はグラデーション塗装により表現。 良い雰囲気が出ていると思います。
ただヘルメットがずれる…他サイトさんのを見ると正しい位置で固定できるっぽいのですが。


悪の人格時フェイスパーツに合わせ、悪の人格時の色が変化した髪パーツも一式付属。
造形は善の人格時の髪パーツと共通です。


・双子座の黄金聖闘士(謎の男)/双子座のサガ(悪)・
フェイスパーツの交換で様々な状態の双子座の黄金聖闘士を再現できます。
聖闘士聖衣神話版では謎の男用(アーレス兼用)の真っ黒な素体が、サガ用とは別に付属していましたが
今回はヘッドパーツのみの交換にて謎の男状態を再現します。
今回は空洞体ではなく、謎の男の名の通り“正体不明”時イメージですね。



マントパーツの仕様も大幅に変更。 布素材からプラパーツによる造形表現となりました。
質感や自由度では従来の布製マントには劣りますが、立体的及びイラスト的な形状の表現は布素材では不向きでした。
また表と裏の色の違い等も布製マントでは再現できていませんでした。
今回の可動式マントではそれらを初再現。 可動式の為分割線がありますが、思ったよりも自然な仕上がりに。
背面部にはシャドーが吹かれており、後ろからの見栄えも○


マントは3枚羽構造となっており、一枚一枚が独立して可動します。
側面のマントパーツは↑画像位まで開くことが出来、各パーツを合わせることにより、マントの動きをアクションフィギュア的に表現できます。
マント部はプラパーツ製で見た目よりも軽く、本体の自立等にも影響しません。
(↑画像ロールオーバー)


マントパーツの装着は背部側のプレートパーツとの差し替えにてクロスに固定。
装着時は内部の素体にもガッチリと固定される為、気兼ね無く弄ることが出来ます。
マントの基部は横方向への開き(ロール可動)の他に、後ろ側にも持ち上げることが可能(スイング可動)
ロール可動同様、スイング機構も一枚毎別に組み込まれています。



初回購入特典

初回購入特典としてジェニミサガの必殺技である「ギャラクシアンエクスプロージョン」をイメージした技エフェクトパーツが付属。
特典はパッケージ内に同梱されており、初回分にはパッケージに特典付きの表記があります。
ギャラクシアンエクスプロージョン時の惑星爆発?をイメージしたエフェクトパーツはクリアパーツ製。
2枚衝撃エフェクト(一枚は固定)を中心パーツに取り付けて使用します。 相当なボリュームです。
中心パーツには別売りの「聖闘士聖衣神話EX 専用ディスプレイステージ」の支柱パーツが取り付けられるようになっており
エフェクトパーツを浮かした状態でのディスプレイが可能です(同じく別売りの魂STAGEの支柱でも可)
(↑画像ロールオーバー)



・聖闘士聖衣神話EX 専用ディスプレイステージ詳細・











・次へ・

     

-TOP-
2012/01/09