バンダイ ROBOT魂<SIDE VF> 『マクロスF』 VF-25G スーパーメサイアバルキリー(ミハエル・ブラン機)■


・VF-25G/バトロイド・
『ROBOT魂』第29弾は「マクロスF」より“VF-25G スーパーメサイアバルキリー(ミハエル・ブラン機)”が登場。
最新鋭可変戦闘機“VF-25”の長距離狙撃型であるG型をABS・PVC・POMの複合素材で完全再現。
ROBOT魂では、本機最大の特徴である各形態への可変ギミックは省略し、バトロイド形態の可動とプロポーションに特化した仕様となっています。
ROBOT魂<SIDE VF> VF-25F(早乙女アルト機)」をベースに、G型頭部及び専用スナイパーライフルを新造形で作り起こし。
勿論カラーリングもミハエル機専用カラーに変更されています。 本体カラーは成型色で再現。一部のみ塗装が施されています。
メインカラーのブルーはメタリック調の成型カラーとなっており、成型色ながらも結構な光沢があります。
(可動箇所や各部ギミックなどは、アルト機のページを参考にしてください)






付属品一覧

オプションハンド×4種(握り手、平手、右平手、右持ち手)、SSL-9B ドラグノフ・アンチ・マテリアル・スナイパーライフル
AK/VF-M9 アサルトナイフ 、SPS-25S/MF25 スーパーパーツ(ミハエル機カラー)一式




・スーパーパック装備型VF-25G/バトロイド・
スーパーパーツ自体は「ROBOT魂<SIDE VF> VF-25F(早乙女アルト機)」に付属しているものと同じです。
各部カラーがミハエル機仕様に変更されています。 各部ギミックなどはそちらを参考にしてください。














スナイパーライフルは射撃状態で固定。
バレル周辺のスタビライザー状開閉式モーメントバランサー及び、センサーを収納することはできません。
VF100's版の様にバレル周りを丸ごと交換とかでよかったので、収納⇔展開の2形態を再現してもらいたかったですね。














クラン機に続き、間髪入れずにミハエル機ってのが、いい感じにツボを押さえていますね。

ベースとなっているVF-25ボディが優秀なので、今回の仕上がりも良好。
加えて成型色のブルーはメタリック調で再現されているので、光沢があり、成型色ながらも質感はなかなかのもの。
しかしアルト機に続き、今回も武器は2形態ある内の1形態のみの付属…。
アルト機のような収納状態ではなかったのが唯一の救いでしたが、それでもやっぱり寂しいものがありますね。

-TOP-
2009/12/11