バンダイ ROBOT魂<SIDE MS> 『機動戦士ガンダム00』 GNT-0000 ダブルオークアンタ■


『ROBOT魂』第53弾は「劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-」より“ダブルオークアンタ”が登場。
(エヴァンゲリオン2号機 獣化第2形態[ザ・ビースト]との同時発売)
純粋種のイノベイターとして覚醒した刹那のために開発された、ツインドライヴシステムを搭載するダブルオーの後継機。
劇場版に登場する新型が早くもROBOT魂で立体化。 第1弾は勿論、主人公機であるダブルオークアンタ。
ダブルオーやエクシアなどでは、共通パーツを多用した数多くのバリエーション機がROBOT魂シリーズでもリリースされていますが
今回のダブルオークアンタは本体、付属品含め、完全新規作り起こし。 ダブルオーやエクシアで培った技術が多く取り入れられています。
本体はお馴染み、ABS・PVC・POMの複合素材で構成。本体カラーは成型色で再現。一部のみ塗装が施されています。
頭部アンテナは軟質素材製の物と、プラ製の物の2タイプが付属しています。

各部コンデンサー及びビットやサーベルの刃にはクリアパーツを使用。頭部側面部レンズやメインカメラといった、小さな部分にもクリアパーツは使用されています。
ダブルオーやエクシアなどで慣れているだけあって(?)、なかなか上手くまとまっています。 各所のディティールがしっかりとしているので、ノッペリ感もありません。
ただマスクに違和感が残ります。 造形自体は悪くないのですが、目元が前に出過ぎてしまっているので、変に目がパッチリと見えてしまいます。
もう少し奥まっていればベストだったのですが。 ブサイクだったり、機体イメージを大きく崩してしまっているワケではないので、ちょっと難しいですね。






可動箇所&各部ギミック

首:二重(球体ジョイント+ボールジョイント) 胸:2重(ボールジョイント&前後スイング) 腰:ボールジョイント。


肩:2重(ボールジョイント&横スイング) 肩アーマー:上下スイング。 上腕:横ロール。
肘:上下スイング。 手首:2重(スナップ可動&ボールジョイント)


腰部フロントアーマー:小下スイング。 腰部サイドアーマー:ボールジョイント。 腰部リアアーマー:上下スイング。
股:ボールジョイント。 太腿:横ロール。


膝:2重スイング。 足首:2重(ボールジョイント&横スイング) 爪先:上下スイング。


GNシールドとバックパックを繋ぐ接続アームは計5点(上下スイング×2、前後スイング、横ロール×2)でフレキシブルに可動。
左腕の動きを妨げる事無く、GNシールドを自由な位置に動かせます。


GNシールドのカバーを開くと、内部に収納されている太陽炉が露出。 太陽炉自体も可動するので、角度を変える事も可能。


GNシールドをバックパック側に移動し、2基の太陽炉を連結させれば、「クアンタムバースト」展開状態を再現可能。
ちなみに、装甲のパージ及びGNコンデンサーの展開は不可能です。 あしからず。


GNシールドにマウントされている、計6基のGNソードビットは全て取り外し可能。
GNソードビットを固定する為のパーツは、展開状態では内側に収納できるので、展開状態の見た目もスッキリしています。


GNソードビットはA、B、Cに分離可能。
AとBはシールドへのマウント時、連結しているのですが
連結用のパーツはGNシールドと同様、分離時には内側に収納しておけます。
手持ち用のグリップは残念ながら内蔵されていません。



付属品&各ギミック

オプションハンド×4種(握り手、持ち手、ソードモード用右持ち手、平手)、交換用アンテナ(軟質製)
GNソードV、バスター用刀身、GNソードビット×3種(A×2、B×2、C×2)
ビット用エフェクトパーツ×2、魂STAGE用ジョイントパーツ、ビット用フレーム(画像省略)


GNソードVは替え無しでGNソード⇔ライフルモードへ変形が可能。
それぞれのモードに対応した持ち手も用意されているので、使い勝手も○
ちなみに、説明書には指示が無かったのですが、刀身部は微妙に伸縮する様になっています。
使いどころは謎。 とりあえずライフルモードでは縮ませてみました。 パット見分かりませんね。


GNソードVとGNソードビットとの合体は、刀身部を専用パーツと差し替えて行います。


バスター用刀身に全てのGNソードビットパーツを組み込めば、バスターソードモード&バスターライフルモードに。
バスターライフルへは先端部のビットAの取り付け位置を変え、グリップをライフルモードの状態にします(↑画像ロールオーバー)
専用パーツを使用しているだけあって、カッチリとこの状態を維持してくれます。
ただ、通常時の刀身パーツと比べて、こちらのバスター用刀身パーツは、グリップ部へ差し込む為のピンパーツの保持が微妙に緩く
大きい刀身を支えるにはなんとも頼りありません。 自分はピンを太らせて保持力を上げておきました。


ビットCには付属のビット用ビーム刃エフェクトパーツを取り付け可能。
魂STAGE(別売り)に対応した、専用のジョイントパーツも付属。 股下に差し込んで使用できます。


GNソードビット射出状態でディスプレイできる、専用のフレーム&支柱パーツも付属。
リング状のフレームにビット用ジョイントが配置され、そこにビットパーツ取り付けて使用します。
ビット用ジョイントの位置は固定ですが、基部が可動(ボールジョイント&回転)するので、ビットの向きはある程度自由に変えられます。
ちなみに本パーツは単体では使用できず、支柱パーツを固定する為に、別売りの魂STAGE用台座が必要となります。



































クリアパーツの使い方や可動関節の構造、武装のギミックなど、ROBOT魂ダブルオー&エクシアからの進化を感じます。
シリーズ第1弾のダブルオーでは可動もギミックも、クリアパーツなども中途半端でしたが(出た当時はMIAからの進化に驚いたものですが)
シリーズも回を重ねるごとにどんどん進化していき、上記の様な点も目に見えてクオリティが上がっています。
特に武装ギミックとそれをサポートする付属品の充実は、他シリーズと比べてもこのROBOT魂が抜き出ていますね。
今回はダブルオークアンタの特徴でもある、GNソードビット関連のギミックが充実しており
展開&収納&ソードとの合体は勿論、フレームパーツによりGNソードビットを単体でディスプレイ出来る他
円状にビットパーツが並ぶ、印象的な状態も楽しめます。 予想以上に遊べるもので驚きました。

ちょっと気になるのは、部分部分のパーツの保持。 態々書くまでの事ではない 程度なのですが
連結状態のビット(AとBの連結)と肩部ボールジョイントの保持が、微妙に甘く感じます。
ビットはポロリするワケでもなく、外れやすいワケでもないのですが、外れるか外れないかの微妙な具合で
カッチリ感が無いので変に気になってしまいます。 肩はその部分だけ見ると十分な保持なのですが
ボールジョイントの位置がこれまた微妙に浅い為、腕の先を持って動かすと、たまに勢いで外れてしまいます。
他にもバスター用刀身パーツが緩かったりと、気にならない人は殆ど気にならない様な部分ですが
一度気になってしまうと変に気にしてしまう、そんな部分がチラホラと。 自分が神経質すぎるってのもあると思いますが。


-TOP-

2010/11/02