■バンダイ ROBOT魂<SIDE MS> 機動戦士ガンダム00 2nd SEASON GN-006 ケルディムガンダム■


『ROBOT魂』第二弾は「機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン」より“ケルディムガンダム”が登場(GNフラッグとの同時発売)
本体はダブルオー同様にABS・PVC・POMの複合素材で構成されており、非常にカッチリとした仕上がりに。
ハイコンプロのようなモールドの追加などは無く、設定画そのままでの立体化といった感じですが
それが関係してか(加えてカラーリングも暗めなので)、少々ノッペリとした印象を受けます。
フェイス部のデザインはハイコンプロやHGとは雰囲気が違い、何と言うか大河原チック?なデザインに。
丁寧な作りで決して悪くはないのですが、好みは分かれそうです。
武器の一部には質感を再現するためにクリアパーツを使用。
塗装に関してはフェイス部などの細かい部分なども含め、ムラなどなく綺麗に仕上がっています






可動個所&各ギミック。

首:2重(頭部側球体ジョイント+胴体側ボールジョイント) 腹&腰:各ボールジョイント。


肩:2重(ボールジョイント+横スイング) 肩アーマー:上下スイング(上腕部カバーも独立可動)。 上腕:ロール。 肘:前後スイング。 手首:ボールジョイント。


腰部フロント&サイドアーマー:各ボールジョイント接続。 股:ボールジョイント。


太腿:ロール。 膝:二重関節。 足首:2重(上部ボールジョイント+下部ボールジョイント) 踵部アンカー独立可動。


バックパック基部:上下左右スイング。 腰部リアユニット:上下スイング。



付属品&各部ギミック。

GNスナイパーライフルU、GNビームピストル×2、GNシールドビット×9
オプションハンド×2種(握り手、持ち手)、フォロスクリーンパーツ、ビットスタンド(画像は下で)
頭部カメラカバーパーツ、肩部シールドビットマウントパーツ×2


肩部シールドビットマウントパーツは2個付属しているので両肩にシールドビットを取り付けることができます。


頭部カバーパーツの差し替えでスナイパーモードへ。
アンテナは頭部側に固定されているので、取扱に気を使わなくて済みます。


左右のバックパックからユニットを引き起こし、フォロスクリーンパーツを取り付ける事で
フォロスクリーン展開状態を再現。
フォロスクリーンはモールドや印刷など施されておらず、何も描かれていないので少々寂しいですね。


GNビームピストルはグリップ部の位置を変更させる事で、射撃状態と格闘戦状態の2タイプを再現。


GNスナイパーライフルUはバレルを折りたたむ事でスナイパーライフル状態からバースト射撃状態に。
残念ながら肩のウェポンラックには取り付けることはできません。



シールドビット用ディスプレイスタンドは先端部を差し替える事で2タイプのディスプレイ方法をとらせられます。
ビットスタンドの支柱は上下ボールジョイント+先端部ロールの計3ポイントが可動します。


先端部はビット単体でのディスプレイとシールド状態でのディスプレイが可能となる2タイプが付属。
シールド状態では8個しかビットは取り付けられず、1個余ってしまいます。 どうせなら全部取りつけたかった。
またスタンドの色が黒という事で、シールドビット時どこか外すと黒が目立ってしまい、少々使いづらいという点もあります。
でも支柱がグリグリ動くというのは○











平手は付属していませんが、銃かフォアグリップを大体握っているのでそこまで必要ないかな?
…と最初は思ってましたが、ビット使用時などは少々平手が恋しくなる時も。
どうしてもキュベレイよろしく“クワ”っと手を開いて、ビットに指示したくなります。


GNビームピストルはメタリックカラーで塗装されており綺麗。


個体差かもしれませんが、腰部リアユニットのビットは
他のビットマウント部(肩、膝)と比べて外れやすい印象を受けました。


ライフル、ピストル共にサイズは大きめ。これはやっぱりMIAシリーズの流れを汲んでいるって事で外せないのでしょうか。








本体の作り自体は無難な感じでしたが、ビットスタンドの可動や両肩へのシールドビット装備など
他には無い試みがあり、面白い部分を見ることができました。
地味ですがバックパックが大きく動くというのも○。 それだけでも結構ポーズの表情を変えられます。
ただ今一歩な部分も多々見られ残念。 もう少し煮詰めてもらいたかったといった感じでしょうか。

-TOP-
2008/11/28