バンダイ ROBOT魂<SIDE MS> 機動戦士ガンダム00 2nd SEASON GNZ-004 ガガ■


09年09月30日〜09年11月11日の期間、魂ウェブ商店にて販売された受注生産品。
『機動戦士ガンダム00』セカンドシーズンの最終決戦において、イノベイター勢力が投入した
大量生産型モビルスーツ「ガガ」をROBOT魂で立体化。。
パッケージや説明書なども商品化に伴い、ROBOT魂のフォーマットでオール新規で作り起こされています。




GNZシリーズの簡易量産型。脚部が存在しない特殊な機体で、腕部が脚部としての役割を兼ねる。
使い捨てではあるがトランザムシステムを有し、その圧倒的な物量にて、目標へ向けて自爆攻撃を図る突撃兵器。
ROBOT魂での立体化に伴い、ガガ本体はオール新規での作り起こし。
人型からかけ離れたシルエットを、メカデザイナー・柳瀬敬之氏の監修のもと精密に立体化。
本体はダブルオー同様にABS・PVC・POMの複合素材で構成。 基本、本体カラーは成型で再現。一部のみ塗装が施されています。
胸部擬似太陽炉にはクリアパーツを使用。 頭部アイセンサー及び肩部GNコンデンサはメタリック塗装で再現されています。






可動箇所&各部ギミック

首:球体ジョイント。 胸:ボールジョイント。 腰:ボールジョイント。


肩:二重(ボールジョイント+横スイング) 上腕:横ロール。 肘:前後スイング。


手首:ボールジョイント。 マニピュレーター:独立可動。 腰部スラスター:基部ボールジョイント。



付属品&各ギミック

ガガ用長距離移動用ブースター、ディスプレイ台座、台座用ジョイント


・GNZ-004 ガガ[長距離移動用ブースターユニット装着状態]・
本体低部パーツを長距離移動用ブースターに差し込んで固定。
ガガ用ブースターのベースは「ガデッサ/ガラッゾ/ガッデス用ブースター」を使用していますが
本体固定用ジョイントやブースター側面部など、ガガ仕様になっているので
このブースターをガデッサ/ガラッゾ/ガッデスなどに装着させることはできません。

ブースターの他、専用ジョイントを用いたディスプレイ用台座付属も付属。
3点で固定していたガデッサ/ガラッゾ/ガッデス用ブースターとは違い、支柱一本で支えている為
バランスは非常に悪く、長時間のディスプレイには向いていません。
ちなみに支柱パーツに中間部を設けずに、一本のみ支えれば多少安定性は上がります。
(↑画像ロールオーバー)

























まさかこんな機体まで、完成品のアクションフィギュアシリーズで立体化するとは。 しかもこのスピード。
ここ最近、魂ウェブ商店のROBOT魂枠には驚かされっぱなしです。 ウェブ販売の強みを改めて実感。
劇中の扱いがどうであれ、そこはやっぱり好評の(?)ROBOT魂のGNZシリーズ。 ガガも文句無しの仕上がりです。
他機体には無い、ガガの特徴的なフォルムをこれでもかと堪能。 弄っていると、ガガの活躍っぷりが脳内妄想にて溢れ出します。
しっかりと専用ブースター&スタンドも標準付属しているので、ボリュームも十分。 限定品ってのが勿体無いなぁ。

-TOP-
2010/01/25