バンダイ ROBOT魂<SIDE MS> 機動戦士ガンダム00 2nd SEASON GNZ-005 ガラッゾ[ブリング機]■


『ROBOT魂』第十弾は「機動戦士ガンダム00」より“ガラッゾ”が登場(GNアーチャーとの同時発売)
オリジナルの太陽炉に迫る性能を持つ擬似太陽炉を搭載したイノベイター専用機。
同素体を使用しているガデッサとは対照的に格闘戦に特化した武装が特徴。 機体カラーはブリング・スタビティ仕様。
今回はいつも以上にビッシリとモールドが入っており、ノッペリとした部分もなく、いつもとは違う感じの仕上がりになっています。
なんだかこのシリーズに対しての印象が大分変りました。(ROBOT魂シリーズのモールドは必要最低限 といったイメージがありました)
足首を折りたたんだつま先立ちのような状態がデフォルトな機体の為、ディスプレイ用に
別売りの「魂STAGE ACT2 アクションサポートタイプ」に対応した、接続ジョイントが付属。
本体はダブルオー同様にABS・PVC・POMの複合素材で構成。 基本、本体カラーは成型で再現。一部のみ塗装が施されています。






可動個所&各ギミック。

内側のフェイスパーツの差し替えでツインアイ露出状態を再現。


首:球体ジョイント。 胸部:ボールジョイント。 腰部:ボールジョイント。


肩:二重(ボールジョイント+横スイング) 上腕:横ロール。 肘:二重スイング。 手首:ボールジョイント。


腰部フロント&サイドアーマー:独立可動。 フロントアーマーが若干外れやすくなっています。
股:ボールジョイント。 膝:二重スイング。


足首:ボールジョイント。 爪先:ボールジョイント。 踵:前後スイング。
爪先を展開させて着地状態も再現可能。


拳部ナックル展開(握り手のみ) 左肩部GNフィールド展開状態再現。


背部コックピットブロック:前後スイング。 コックピットブロックを取り外し、スラスター部を展開させれば脱出用“コアファイター”に。


付属品一覧。

オプションハンド×4種(握り手、平手、GNビームクロー展開状態、大型ビームサーベル展開状態)
オプションフェイスパーツ、スタンド用接続ジョイント
サーベル&クローのビームエフェクト部(クリアパーツ)とハンド部分は一体。
劇中では指先からビームが出ていましたが、本商品では指部分もビーム部に含まれています。





















クロー状態と大型ビームサーベル状態のビーム部エフェクトの表現が
それぞれ違っているのがいいですね。








大型ビームサーベル状態のみではなく、ビームクロー状態もしっかりと付属しているので(勿論両手分)
武装面だけ見ると他機体と比べて地味になりがちな機体ですが、大分プレイバリューは高くなっています。
また肩や脚部の形状が独特なため、ある程度可動に支障が出るのではなかと思っていましたが
そういった事もしっかりと配慮されていた様で、いつも通りの自由な可動を楽しむ事ができました。
爪先やナックル、コアファイターなどといった細かい部分の作りも素敵。

-TOP-
2009/03/24