バンダイ ROBOT魂<SIDE HM> 『重戦機エルガイム』 A-CLASS HEAVY METAL エルガイムMk-II■


ROBOT魂シリーズに新SIDE『HM』が誕生。 『ROBOT魂』第60弾は「重戦機エルガイム」より、ダバ・マイロードの2代目の愛機“エルガイムMk-II ”が登場。
(ROBOT魂 <SIDE MS> デスティ二ーガンダムとの同時発売)
2010年2月に開催された魂フィーチャーズVOL1の会場で行われた「商品化希望リアルタイムアンケート」にて、第1位となった機体がついに商品化。
「エルガイムMk-IIトイの決定版」を望む声に応えるべく、スタイルやディテールは勿論、武装ギミックや変形ギミックにも拘っての立体化。
更に今回ROBOT魂ではエルガイムMk-IIに続き、初代主役機であるエルガイムの2か月連続リリースが決定しており
「2機のエルガイムを並べる」為にROBOT魂初の試みで、スケールを明確にし、2機のスケールを1/144スケールに統一しました。
これまでノンスケールの125mmを標準としていたROBOT魂ですが、Mk-IIが約174mm、エルガイムが約150mmと、ROBOT魂のセオリーを覆す仕様となりました。

第一印象は「大きい」 1/144スケールとなったことで従来のROBOT魂サイズを大きく上回る174mmとなり、本体はもちろんパッケージも大ボリュームです。
本体はシリーズお馴染みのABS・PVC・POMの複合素材で再現。 無骨でありながらもスマートで不気味なフォルムを見事立体化。
各関節もムーバルフレームを強く意識した作りになっており、構造は勿論見た目も通常のROBOT魂とは違います。
基本、本体カラーは成型で再現。一部のみ塗装が施されています。 印象的な“目”もプリントで再現されています。







可動箇所&各部ギミック

首:3重(上部:ボールジョイント+下部:横ロール&引き出し式前後スイング)


胸:引き出し式前後スイング。 胸ボールジョイント。 胴体側肩ブロック:前後スイング。


肩:2重(ボールジョイント&横スイング)
腕の横開き可動に合わせて、肩アーマーの側面部パネルが開きます。


上腕:横ロール。 肘:4重(横ロール&前後スイング&横ロール&前後スイング)
手首:2重(スナップ可動&ボールジョイント) 手甲:ボールジョイント。


腰部フロントアーマー:縦ロール。 腰部リアアーマー:縦ロール。


股:2重(縦ロール&横スイング) 太もも:横ロール。 太もも部スパイクアーマー?:上下スイング。
股間接はこのサイズからすると若干緩め。 ポージング等には差ほど影響はありませんが
このサイズならもう少し保持は強めで良かったのではないのでしょうか。


膝:2重スイング。
膝関節裏の赤いパイプは膝の可動に合わせて、三分の一程度脹脛パーツの内側に収納されます。
パイプ自体も軟質素材製なので、そのまま曲げても問題ありません。


足首:4重(上部:前後スイング&横スイング+下部:ボールジョイント&前後スイング)
つま先:2重(上下スイング&縦ロール) 踵:2重(上下スイング&縦ロール)
足首部ジョイントは引き出し式になっており、引き出すことで可動範囲を広げることが可能です。






プローラー形態への変形

腰部フロントアーマーをプローラー用パーツと差し替える(別売りのスタンドやバスターランチャーを取り付ける場合は、間に専用のジョイントパーツを組み込む)
バックパックを取り外し、本体背部にプローラー用ジョイントを取り付ける。


腰部リアアーマーをプローラー用パーツと差し替える。
太もも部間接を前方に折り曲げ、脚を上に持ち上げる。


太もも部間接を後方に90°回転させ、太もも部間接と膝関節を固定。 股部間接を後方へスライド。


股を90°回転させ、腰部フロントアーマー側面部に膝関節を固定。 つま先を伸ばし、足首の内側に脚部固定用のジョイントパーツを挟み込む。


肩関節を折りたたみ、腕の位置を調整。 取り外したバックパックの機首と脚部固定用ジョイントを引き出し、本体接続用のジョイントを取り外す。


変形させたバックパックを本体に取り付け、右上腕部にバスターランチャーを取り付ける。


バインダーを取り付ける場合はプローラー用の専用ジョイントを使用します。
通常のジョイントよりも長く、腕を折りたたんでもバックパックに干渉しないようになっています。
ちなみに長さ等気にならなければ、そのまま通常時のジョイントとしても使用可能です。




・ランドブースター プローラー・
一部パーツの差し替えでプローラー形態への変形を再現。 パッと見はシンプルな変形ですが、何気に作業量は多め。
状態維持用にロックや専用ジョイントが多用されており、カッチリと安定した状態でディスプレイが可能です。
状態維持やディスプレイベース使用の為のクリアパーツは、使用せずとも変形は可能。
この形にするだけならば、腰部フロント&リアアーマーの2か所の差し替えのみで行えます。
ちなみに、説明書には腕の変形について書かれていませんでしたが、しっかりと設定通りの変形が可能です。
まだ使い道はありませんが、肩部グリップは可動式になっており引き出せるので、他HMをぶら下げた状態も再現できます。
(↑画像ロールオーバー)








・ランドブースター プローラー(バスターランチャーセンター装備Ver.)・
バスターランチャーに専用のジョイントパーツを取り付けることで、バスターランチャーを本体底部に懸架した状態も再現できます。
この状態でも別売りの「魂ステージ ACT.5」を使用しての浮遊状態でのディスプレイが可能です。






付属品&各ギミック

オプションハンド×4種(握り手、平手、持ち手、バスターランチャー用平手)、バスターランチャー
パワーランチャー、エネルギーケーブル×2種(バスターランチャー用、パワーランチャー用)
バインダー×2、バインダー用ジョイント×2種(通常時用、変形時用)、セイバー×2、ハンドランチャー用差し替えパーツ×2
プローラー形態用差し替えパーツ一式、魂ステージ用ジョイント一式
セイバーのビームエフェクト部(クリアパーツ)とグリップ部は別パーツです。



大ボリュームのバスターランチャーも、本体と同スケールで立体化。
彩色は部位によって艶消しやメタリックカラー等使い分けられており、カラーリングの再現度は勿論質感も良く仕上がっています。
梱包時の都合でバレル部が取り外せるので、他部品とまとめて収納しておく場合などは重宝します。


グリップは折りたたみ式。 バイポッドの展開&収納も可能です。


グリップ部は溝に沿って前後にスライド。 グリップの移動に連動して本体上部パーツが上下に開きます。


パワーランチャーは前腕部ポイントにそのまま固定。
本体と各ランチャーを繋ぐエネルギーケーブルはリード線で再現。 自由に形を変えられます。
バスターランチャー用のケーブルは3本一まとめ(ジョイント部のみ一まとめでケーブルは別々)になっている為、交換作業が簡単です。


前腕部パーツの差しかえでハンドランチャー状態を再現。


バインダーの固定は専用のジョイントパーツを使用。 上腕部にジョイントパーツを取り付け、その上にバインダーを取り付けます。
見ての通りピンが小さいため、バインダーを固定するには少々頼りありません。
“ポロリ”とまではいきませんが、動かしているとちょくちょく外れてしまいます。 本商品一番のネックはここでしょうか。


各形態に対応した「魂ステージ ACT.5」(別売り)用ジョイントも付属。 両形態を浮遊状態でディスプレイが可能です。










・次へ・


-TOP-

2011/01/31