バンダイ ROBOT魂<SIDE MS> 『機動戦士ガンダムUC』 RX-0 ユニコーンガンダム2号機「バンシィ」■


『ROBOT魂』第83弾は「機動戦士ガンダムUC」より、ユニコーンガンダム2号機、通称“バンシィ”が登場。
兄弟機である「ROBOT魂 ユニコーンガンダム[デストロイモード] フルアクションver.」をベースに
一部新規パーツとカラーリングの変更にてユニコーン2号機をROBOT魂にて立体化。

バンシィ最大の特徴であるライオンの鬣の様な複雑なアンテナを始め、頭部や胸部等の本体一部パーツ及び
専用武装であるアームド・アーマーBSとアームド・アーマーVNを本商品用に新規作り起こし。
頭部アンテナは硬質素材製と軟質素材製の2種類付属しています。

ボディ部成型色は2号機のメインカラーである黒(紺寄り)に変更。 サイコフレームやセンサー等の一部は塗装にて再現されています。
サイコフレームの発光色である黄金色はゴールドカラーをベースに、クリアオレンジ(?)が重ねがけされている様な色合いとなっており
派手さだけでは無く深みも感じれる綺麗な仕上がりに。 装甲色との相性も良いのではないのではないのでしょうか。
全体の塗装のクオリティも非常に高く、複雑なサイコフレームも綺麗に塗り分けられています。
ただ、全く関係の無い部分に関係の無い塗料が飛んでしまっている部分が数箇所。 ここは残念。

本体の変更点は一部パーツとカラーリングのみ。
本体の可動及び各部ギミック等は「ROBOT魂 ユニコーンガンダム[デストロイモード] フルアクションver.」と共通です。
本体の詳細は1号機のページを参考にしてください。











付属品&各ギミック

オプションハンド×4種(握り手、平手、サーベル持ち手、銃持ち手)、交換用軟質素材製アンテナ
ビーム・サーベルグリップ×4(バックパック用×2、腕用×2)、ビーム・サーベル用ビーム刃×2
ビーム・マグナム、予備Eパック×2、シールド、シールド用ジョイント×2種、魂STAGE用ジョイントパーツ
ハイパー・バズーカ、バズーカ用予備弾倉、アームド・アーマーBS、アームド・アーマーVN×2種(通常時、展開時)

オプション面での「ROBOT魂 ユニコーンガンダム[デストロイモード] フルアクションver.」からの変更点は
新造パーツであるアームド・アーマーBS、アームド・アーマーVNの追加と、バンシィ型アンテナの変更。
その他にもシールドやハンドパーツ等のカラーリングがバンシィカラーに変更されています。
1号機との共通オプションとしてビーム・マグナムやビーム・サーベル、ハイパー・バズーカ、シールド等も付属。
ビームガトリングガンのみオミットされています。
1号機との共通武装の詳細は1号機のページを参考にしてください。

ちなみに、本体の仕様は1号機と共通なので、1号機のオプションをバンシィが使用することは勿論
その逆にバンシィのオプションを1号機が使用するなんてことも可能です。


アームド・アーマーBS[格納状態]
OVA版新設定のバンシィ専用武装を本商品用に新規作り起こし。
前腕部ウェポンラックを両面から挟み込む形で、前腕に装着します。
両腕共に装着可能。


アームド・アーマーBS[射撃状態]
砲身部の折り畳みとフィン型バレル部のスライドにて、収納状態と射撃状態の2形態の変形を差し替え無しで再現。
バレル部の展開はハンドパーツを取り付けたままでも可能です。


アームド・アーマーVN[通常状態/展開状態]
アームド・アーマーVNも同じく新規作り起こし。
こちらも前腕部ウェポンラックを両面から挟み込む形で、前腕に装着します。 勿論両腕に装着可能。
クロー部の展開はパーツの差し替えにて再現しています。


展開状態のクロー部は可動式。
基部のボールジョイントと爪の間接毎に仕込まれたスイング関節にて、クローの開閉が行えます。


専用のジョイントパーツを使用することで、アームド・アーマーVNの上からシールド装着する事が可能です。


ちなみにアームド・アーマーBS/アームド・アーマーVNを装備した状態でも前腕部サーベルラックの展開が可能です。
といっても完全に展開できるのはアームド・アーマーVN側のみで、アームド・アーマーBS側は中途半端な位置までしかできませんが。


オプションパーツの差し替えにて、原作版とOVA版の異なる武装が楽しめます(本体の仕様はOVA版ですが)
(↑画像ロールオーバー)



































好評のフルアクション版ユニコーンガンダムをベースにしている為、本体のスタイルと可動は既にお墨付き。
優秀な可動域に加え、関節処理も丁寧な作りになっているので、可動後のスタイルも綺麗に決まります。
フルアクション版ユニコーンガンダムのボディバランスもバンシィと相性抜群。
フルアクション版のメリハリの付いたマッシブなスタイルが、ボリュームのある頭部アンテナと上手くマッチしており
リデコアイテムとは思えない程自然な仕上がりに(1号機ありきではなく、一アイテムとして確立している)
バンシィのデザインには未だ違和感があったのですが、本商品で初めてストレートに“カッコよく”感じることが出来ました。

本体のバンシィカラーも1号機と同様に成型色と部分塗装にて綺麗に再現されています。
特徴的な黄金色のサイコフレームカラーの重厚感も上手く表現されており、1号機には無い存在感があります。

専用武装の増加サイコフレーム兵装は内蔵ギミックとパーツの差し替えにて
モードの異なる形態をそれぞれ再現でき、更にHGUC版ではオミットされていたクロー部の可動まで行えるので
フルアクション仕様のボディに負けないプレイバリューとアクション性を有しています。
また1号機との共通武装もしっかりと付属しているので、OVA版と原作版の異なる武装を本商品のみで再現できる点も大きな魅力です。
上記の通りオプションは全て1号機と共通の規格なので、2機を揃えれば楽しみ方も更に広がります。

     
プレミアム バンダイ(魂WEB)
-TOP-
2012/05/22