バンダイ ROBOT魂<SIDE MS> 『機動戦士ガンダムUC』 AMS-129 ギラ・ズール[親衛隊専用機]■


2010年10月29日〜2010年11月30日の期間、「魂ウェブ商店」にて販売された受注生産品。
『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』に登場する、ギラ・ズールのフロンタル親衛隊仕様機「ギラ・ズール(親衛隊機)」をROBOT魂で立体化。
パッケージや説明書なども商品化に伴い、ROBOT魂のフォーマットでオール新規で作り起こされています。




ROBOT魂 ギラ・ズール(一般機)』と『ROBOT魂 ギラ・ズール(アンジェロ機)』をベースに、量産機カラーの親衛隊機を再現。
本体はアンジェロ機をベースに、ドーガタイプのバックパックをあたらに作り起こし。 アンジェロ機から採用された、モノアイ可動ギミックも搭載されています。
勿論、本体カラーリングは量産機カラーに変更されており、地味度もグっと増しています。 やっぱりこの色でしょう。
ちなみに、アンジェロ機の肩部スパイクアーマーにはグロス加工が施されていましたが、今回は量産機としての差別化を図ってか
肩部スパイクアーマーや頭部、バックパック等の一部にはツヤ消し処理が施されています。 良い感じに落ち着いていて、質感もなかなか。
付属品は 『ROBOT魂 ギラ・ズール(一般機)』のに加え、アンジェロ機と同タイプのシールドと小型シュツルムファウストを追加。
本体可動箇所及び付属品のギミック等詳細は、一般機及びアンジェロ機のページを参考にしてください。







付属品&各ギミック

オプションハンド×3種(握り手、平手、持ち手)、ビームマシンガン、ビームホーク×2種(収納状態、展開状態)
ハンドグレネード×2、シュツルムファウスト、予備弾倉付き腰部フロントアーマー×1セット
ウェポンラック、シールド、小型シュツルムファウスト×4

一般機と同様のオプションに加え、アンジェロ機と同仕様(ドーガタイプ)のシールド&小型シュツルムファウストが追加されています。
勿論シールドは量産機カラーに変更されています。 付属品の詳細は一般機及びアンジェロ機のページを参考にしてください。



一般機同様、各オプション武装を本体に装着可能。
本体のボリュームアップの他、シールドも追加されているので、全部載せ時のボリュームは一般機から更に増しています。























バックパックのジィントはアンジェロ機&一般機と共通なので、それぞれのバックパックと交換することも可能です。




グレードアップしたアンジェロ機がベースになっている為、一般機には無かったモノアイ可動ギミックが追加されており、一般機から完成度が増しています。
カスタム機らしい特殊武装&専用カラーのアンジェロ機に対して、色や武装は一般機と共通の親衛隊機は、ボディはアンジェロ機とほぼ共通ながらも、また違った印象を受けます。
カラーリングの面でも一般機からグレードアップしており、一部のみですがツヤ消し処理が加えられています。
その数か所のツヤ消しが全体をグっと引き締めてくれて、渋さを増しています。 同時に形成パーツの安っぽさも大分薄めてくれているようにも思います。
親衛隊仕様の追加装甲も量産機カラーと相性抜群。 アンジェロ機の様な目玉ギミック(ランゲ・ブルーノ砲・改)はありませんが
細々とした武装が一般機同様付属しており、ビッシリと全身を武装で覆う事が出来ます。
更にドーガタイプのシールドも追加されており、全部載せ時のボリュームは凄い事に。 このゴチャゴチャ感こそが量産機の魅力の一つだと思います。
上記の通り、公式でありませんがアンジェロ機の武装も使用できるので、一般機&アンジェロ機と組み合わせて、俺ギラズールを作ってみるのも面白そうです。
ちなみに、本体はアンジェロ機と共通なので、太股とリアアーマーとの干渉問題も変わらずに残っています。
わざわざ今回だけの為に ってのは難しいかと思いますが、できればそういった部分の改善もお願いしたかったところです。


-TOP-

2011/03/07