バンダイ ROBOT魂<SIDE MS> 『機動戦士Vガンダム』 Vダッシュガンダム&Vガンダムヘキサ パーツセット■


2010年10月29日〜2010年11月30日の期間、「魂ウェブ商店」にて販売された受注生産品。
ROBOT魂<SIDE MS> ヴィクトリーガンダム』対応の、Vダッシュガンダム&Vガンダムヘキサ換装パーツセット。
パッケージはROBOT魂のパッケージデザインをイメージした、本商品オリジナルデザインで新規作り起こし。
(↑画像ロールオーバー)



付属品&各ギミック

セット内容一覧
Vガンダムヘキサ用ヘッドパーツ、Vガンダムヘキサ用足甲アーマー×1セット、オーバーハングパック
ビーム・スマートガン、ビーム・スマートガン用交換グリップ、ビーム・カノン×1セット


Vガンダムヘキサ用ヘッドパーツはVガンダムヘッドとの差し替えで装着。
Vガンダムヘッド同様、劇中イメージに近い仕上がりで大満足。
アンテナ等の造形もシャープで、各部彩色の塗り分けも細かく再現されています。


ビーム・スマートガンは展開状態固定。 収納状態にはできません。
開放型のバレルの強度を保つためか、バレル内側には支柱パーツが設置されおり(固定)、少々見栄えは悪いです。


ビーム・スマートガンのグリップは差し替えで、寝かした状態と起こした状態の2タイプを再現可能。
グリップのスライドは、溝型のモールドに沿ってグリップ固定用のポイントが片面4箇所設けられており
そのポイント毎にグリップを差し替えることにより、グリップのスライドを再現します。
微調整はできませんが、グリップがしっかりと固定される為、安定感は抜群です。


ビーム・カノンは腰部リアサイドアーマーのハードポイントに固定。
腕や脚、オーバーハングパックのハードポイントはオミットされている為、腰以外の場所には取り付けられません。
ビーム・カノンの銃身をスライドさせると、手持ち用のグリップが出現。
MG版と比べるとグリップ周りの形状が若干違います。


オーバーハングパックはバックパックとの差し替えで装着。
大型スラスター基部は上下に可動します。


オーバーハングキャノン基部は2重可動(縦ロール&横ロール)
オーバーハングキャノン上下の可動の他、左右に銃身を振るとこも可能です。




・LM312V06 Vガンダムヘキサ・
ROBOT魂<SIDE MS> ヴィクトリーガンダム』(別売り)に、Vガンダムヘキサ用ヘッドパーツを取り付ければ「Vガンダムヘキサ」に。
その他、ヘキサのバリエーション機用オプションパーツとして、月面生産型再現用の青い足甲アーマーも付属しています。







・LM312V04+SD-VB03A Vダッシュガンダム・
ROBOT魂<SIDE MS> ヴィクトリーガンダム』(別売り)に、オーバーハングパックを取り付ければ「Vダッシュガンダム」に。
オーバーハングパックの分、若干背中の重量は増しますが、本体のバランスに影響は無く、自立等も難なく可能です。
勿論、Vガンダムヘキサ用ヘッドパーツとの同時使用も可能。 Vダッシュガンダムヘキサとしても楽しめます。
































「ROBOT魂<SIDE MS> ヴィクトリーガンダム」は、本体の出来はシリーズトップクラスレベルで、非常に素晴らしい物でしたが
付属品の方はというと、必要最低限といった感じでボリューム不足な感は否めませんでした。
そこで登場したのが、今回のパーツセット。 …同時発売(発送)というのを見るに、恐らくこのセットありきのボリュームだったのでしょう。
ヴィクトリーガンダム単体の内容的に、本商品は必須アイテムとも呼べる内容です。 これがあるのと無いのとでは大違い。

今回のパーツセットを用いれば、通常のVガンダムの他、「Vダッシュガンダム」、「Vガンダムヘキサ」、「Vダッシュガンダムヘキサ」
計4タイプのVガンダムバリエーションを楽しむことができます。 Vガンダムヘキサの存在は大きいです。
武器もVダッシュガンダムお馴染みのビーム・スマートガンの他、ビーム・カノンも付属しており、武装面でのプレイバリューも増します。
俺装備! とまでの自由度はありませんが、全部載せのゴチャゴチャ感は堪能できます。
欲を言えばミサイルポッド等もほしかったところですが、脚のハードポイントが無いのだからどうしようももないか。


-TOP-

2011/03/04