バンダイ ROBOT魂<SIDE MS> 『機動戦士ガンダムF91』 XM-02 デナン・ゲー■


『ROBOT魂』第46弾は「機動戦士ガンダムF91」より“デナン・ゲー”が登場。
ROBOT魂・機動戦士ガンダムF91シリーズに第2弾は、クロスボーン・バンガードのスタンダードタイプMS「デナン・ゲー」を立体化。
劇中最初のMS戦を行った他、セシリーやザビーネといったメインキャラも搭乗した、何気に大活躍(?)の量産機。
本体はABS・PVC・POMの複合素材で構成。 カラーリングは成型色で再現。一部のみ塗装が施されています。
メインカラーはほぼ成型パーツとなっていますが、各部ノズルの内側や、前面部スラスター内部までしっかりと塗り分けられています。
ちなみに側面や背部側のスラスターの彩色は、F91同様一部省略されている部分もあります。
胸部マーキングはプリントで再現。 頭部アンテナはプラ製(固定)です。
全体的にプラ素材が多く使われており、メリハリのあるカッチリとした造形が印象的でした。






可動箇所&各部ギミック

首:2連ボールジョイント。 胸:ボールジョイント。 腰:ボールジョイント。


肩:三重(胴体側:ボールジョイント&上下スイング+腕側:ボールジョイント)
肩関節ジョイントは内部メカユニットをイメージした作りになっており、露出した状態でも見栄えが良いです。


肩アーマー:上下スイング。 上腕:横ロール。 肘:二重スイング。 手首:ボールジョイント。


腰部フロント&サイドアーマー:各ボールジョイント接続。 股;ボールジョイント。 太腿:横ロール。


膝:二重スイング。 足首:三重(上部:ボールジョイント+中部:横スイング+下部:ボールジョイント) 足首部フロントアーマー:上下スイング。


バックパック&脚部ノズル:各ボールジョイント接続。



付属品&各ギミック

オプションハンド×3種(握り手、持ち手、平手)、魂STAGE用ジョイント
ビームライフル、ビームシールド、ビームサーベル
サーベルのビームエフェクト部(クリアパーツ)とグリップ部は別パーツです。


ビームシールドの展開はビーム発生装置パーツの差し替えで再現。
ビームシールドはガンプラなどでお馴染みのPET素材を使用。 非常に薄く、色合いも通常のクリアパーツとは違います。


ビームライフルのフォアグリップは位置固定式。 ガンメタで塗装が施されており、重厚な質感で見た目も○
付属の魂STAGE用ジョイントを使用する事で、魂STAGE(別売り)の支柱を直接股下に取り付けられます。





























ROBOT魂クロスボーン・バンガードシリーズは「ゾン」ではなく、「ゲー」からのスタート。
特殊な武装(ショットランサーなど)を持たない、スタンダードタイプのMSという事で、商品的には少々地味ですが
だからと言って侮ってはいけません。 造形クオリティはシリーズの中でもトップクラスの仕上がり。
プラパーツを多用している事で、全体的にカッチリとシャープな作りになっています。
各モールドもしっかりと再現されており、効果的に入れられている部分塗装と相まって、見栄えも非常に良いです。
シリーズを通してビームシールドは。分厚いクリアパーツ素材の使用が標準となっていましたが
今回は最近のガンプラと同じく、PET素材が使用された事により、見た目も取り回しの良さも向上しています。
武器やノズルといった部分への、ガンメタでの彩色もとても印象的。 単純ではありますが、全体の印象をグっと引き締めてくれています。
残念ながら、肩のグレネードラックは固定ですが、それでもデナン・ゲーの決定版であることは間違いないでしょう。
こうなると今後のF91シリーズ展開がより楽しみになってきます。


-TOP-

2010/08/04