バンダイ ROBOT魂<SIDE MS> 機動戦士クロスボーン・ガンダム XM-X1 クロスボーンガンダムX-1■


『ROBOT魂』第17弾は「機動戦士クロスボーン・ガンダム」より“クロスボーンガンダムX-1”が登場.
(ランスロットアルビオン、ニルヴァーシュ type ZERO spec2との同時発売)
過去にGFFシリーズやプラモデルで立体化されたアレンジデザイン版とは異なり
シンプルな本来のデザインでアクション性と多彩な武器オプションの再現性を重視した「ROBOT魂」ならではの仕様での立体化。
モールドの数だけではなく、全体のバランスや各部デザインなども大分違っており、長谷川版X-1といった感じです。
ボディにはABS・PVC・POMの複合素材を使用し、フォルムを崩すことなく内臓武器や背部スラスターを再現。
基本、本体カラーは成型で再現。一部のみ塗装が施されています(胸部マーキングはプリント)






可動箇所&各部ギミック

首:ボールジョイント。 腹:後部スイング。 腰:ボールジョイント。


肩:二重(ボールジョイント+横スイング) 上腕:横ロール。 肘:二重スイング。 手首:球体ジョイント(ボールジョイント+前後スイング)


腰部フロント&サイド&リアアーマー:ボールジョイント。 股:ボールジョイント。 太腿:横ロール。


膝:二重スイング。 足首:ボールジョイント。 爪先:上下スイング。
膝外部フレームパーツは膝の可動に連動して開閉。内部フレームが露出します。


背部スラスター基部:前後スイング。 スラスターノズル:ボールジョイント。



付属品&各ギミック。

オプションハンド×3種(握り手、持ち手、平手)、オプションヘッド、バスターガン、ビームザンバー
ビームサーベル、ヒートダガー、ブランド・マーカー用ビームエフェクトパーツ、ABCマント
サーベル及びビームザンバーのビームエフェクト部(クリアパーツ)とグリップ部は別パーツです。


頭部パーツの差し替えでフェイスオープン状態を再現。


前腕部ブランド・マーカーは可動式。ビームエフェクトパーツを取り付ければビーム刃展開状態に。


バスターガン及びビームザンバーは腰部サイドアーマーにマウント可能。
バスターガンをビームザンバーに連結させる事でザンバスターへ。


脹脛部内側に収納されているヒートダガーは取り外し可能(収納されている物はグリップ無しのダミーです)
足の裏のポイントにヒートダガーを取り付ける事で、ヒートダガー射出状態を再現可能です。



ABCマント装着状態。
マント装着状態へはコックピットハッチを取り外す必要があります。
胸部コックプットハッチ部と両肩アーマーの3ポイントで固定。
マントは靡いた状態で固定されており、前がある程度空いているので、多少は動かせますが
それでも右腕及び左腕上腕部はほぼ固定されてしまうので、ポーズの幅は制限されてしまいます。
この他にGFFのような布タイプのマントなんかも付属していてくれれば…って流石に贅沢ですね。
(↑画像ロールオーバー)

























今回、いつも以上に可動に特化した作りになっており、今までにない可動を楽しむことができます。
ROBOT魂の複合素材との相性も良く、カッチリとした仕上がりに。
彩色も非常に丁寧で、マスク部の細かいラインや頭部の小さなどくろマークなども綺麗。
今までとは違う、漫画版をイメージしたデザインも大きなポイントでしょうか。
ただ付属品面では、少々物足りない感じが。 一見豊富に見えますが
ダガーやブランド・マーカー用エフェクトパーツなどは1つしか付属しておらず、どうも中途半端な感が否めません。
至れり尽くせり…とまでは行かず残念ではありますが、漫画版仕様という魅力はそこを十分にフォローしてくれる…ハズ?

-TOP-
2009/07/16