バンダイ ROBOT魂<SIDE AS> 『フルメタル・パニック!』 M9 ガーンズバック(クルツ・ウェーバー機)■


『ROBOT魂』第32弾は「フルメタル・パニック!」より“M9 ガーンズバック(クルツ機)”が登場。
(M9 ガーンズバック[マオ機]とスサノオとの同時発売)
従来の機体を遥かに上回る性能を持つ「第二世代型AS/M6 ブッシュネル」を、さらに発展させるために開発された、第三世代型のAS。
バリエーションが豊富な「M9」において、一般機の「クルツ機」と、頭部の形状が一般機と異なる「マオ機」が同時にラインナップ。
本体はABS・PVC・POMの複合素材で構成。 カラーリングは成型色で再現。一部のみ塗装が施されています。
頭部はシンプルな一般機仕様。 その他はマオ機と共通のパーツが使用されています。
可動箇所や各部ギミックなどはコチラを参考にしてください。






付属品&各ギミック

オプションハンド×5種(握り手、平手、持ち手×2種、左銃保持手)、ボフォースASG96-B 57mm滑腔砲
76mm狙撃砲、76mm狙撃砲携行用キャリングケース、ケーブル、ライフル用マウントアーム


ボフォースASG96-B 57mm滑腔砲及び76mm狙撃砲のマガジンは取り外し可能。バイポッドも展開します。
滑腔砲&狙撃砲使用時は、グリップ後部のポイントに付属のケーブルを差し込み
先端部のコネクタを腰のハードポイントに接続します。


76mm狙撃砲は折り畳み可能。 バレル、スコープ、銃床部を折りたたんでコンパクトにできます。


折りたたんだ76mm狙撃砲は付属のキャリングケースに収納可能。
キャリングケースは腰部ハードポイントに取り付けられます。


76mm狙撃砲単体は背部ハードポイントに取り付け可能。
腰部マウントアームパーツの差し替えで、滑腔砲をマウント可能。 アームと滑腔砲の形状が合っていないようで、若干安定性に欠けます。



























手首パーツの追加の他、サベージに付属するライフルではできなかった、マガジンの取り外しも出来るようになっており
同シリーズのアーバレスト/サベージから比べて、クルツ機、マオ機共に商品クオリティは上がっています。
ナイフなどの小物はありませんでしたが、銃火器のギミックとボリュームで、単体でも十分弄り甲斐があります。
勿論武装の互換性があるので、同シリーズのASが充実すればするほどに、其々のプレイバリューも上がり、遊びの幅が広がります。
本商品ではクルツ機の名が入っていますが、機体自体は一般機なので、武装を組み替えて様々な俺M9を作るというのも面白そうですね。

-TOP-
2009/02/10