■海洋堂 REVOLTECH[リボルテック] No.062 天元突破グレンラガン■


リボルテックシリーズ第30弾は天元突破グレンラガンとリッキーの2体がリリース。
リボルテック『天元突破グレンラガン』シリーズ第5弾は掟破りの超ド級グレンラガン、「天元突破グレンラガン」の登場。
さまざまな形態のグレンラガンがありますが、そのデザイン上アクションフィギュア化は一番難しいのではないか
と思っていましたが、アーク・超銀河を吹っ飛ばして“天元突破グレンラガン”がリボルテックで立体化。
最強形態の人気は伊達じゃありませんね(個人的には前の2形態の方がツボなのですが)

リボルテックシリーズでの立体化ということで、サイズやボリュームなどある制限がありますが
それでも予想以上に頑張っている感じはします。(イベントなどで出展された試作品などと比べると、かなり細くなっていますが)
どっしりとしたプロポーションの劇中と比べて、本商品は全体的にかなりスマートなプロポーションになっています。
ですがこれはこれでメリハリも効いていて、十分アリなアレンジではないでしょうか。

ボディカラーの赤も初期サンプルでは明るすぎて違和感がありましたが、製品版を見てみると濃い目の赤に変更されているようで
劇中のイメージに近くなっているように思えます。 炎部分はクリアーパーツで再現。
蛍光風グリーンで塗装されており、炎が揺らめく淡い感じが出ていて、なかなかの質感です。
腕や脚の目部分はプリントで再現。 そういった部分も含め全体的に塗装は綺麗です。






ジョイント使用箇所&可動箇所。




首:2連6mmジョイント。 肩アーマー:6mmジョイント。 肩、肘、背部炎:8mmジョイント。 腰、股、膝、足首:10mmジョイント
背部の左右炎パーツもジョイントで接続されているので、自由に位置を変えられます。


付属品&各ギミック。

オプションハンド×3種(握り手、平手、持ち手) 腹部パーツ×2種
ドリル、ドリルエフェクトパーツ、上の画像にはありませんがお馴染みのスタンド(支柱・長)も付属しています。
別売りのヨーコやエンキに付属している武器を持ち手パーツを使用して、天元突破に装備させる事ができます。
(撮影時右持ち手パーツを紛失。 おーい、出ておいでー。)


腹部パーツの差し替えで通常状態とラゼンガン出現状態の2タイプを再現。


ドリルパーツはジョイントに直接取り付けてドリル出現状態を再現。 先端部には火花エフェクトパーツを取り付けられます。
グレンラガンのドリルとは違い、今回の天元突破版ドリルは回転状態での立体化。 動きのある派手なポーズで使用するとかなり映えます。





















通常価格内に収めたという事で、ボリューム不足はある程度覚悟していましたが
それを逆手にとったプロポーションアレンジが良い味を出してくれて、予想以上に満足しています。
でもやはり、劇中のようなどっしりとしたプロポーションの天元突破も見てみたかったですね。
そちらは是非ともリボルテックシリーズとは別に、価格の縛りに囚われないようなモノでの商品化を期待。
まぁそれ以前に、アークと超銀河を・・・・。

-TOP-
2008/10/15