■海洋堂 REVOLTECH[リボルテック] No.059 ARX-8 レーバテイン■


リボルテックシリーズ第28弾はレーバテインとグレンラガン[フルドリライズ形態]の計2体がリリース。
今回はリボルテックシリーズ初のDXセット。 リボルテックヤマグチ最大ボリュームの武装と共に
小説『フルメタル・パニック!』に登場する最新型アーム・スレイブが登場です。
今回は山のような付属品とのセットという事で、お値段もその分プラスされています(定価:2.590円 税込み)
通常パッケージデザイン&サイズはシリーズ共通ですが、今回のパッケージは本商品専用のモノを使用。
いつもより横幅が長く、付属品が全て(ディスプレイベースは除く)パッケージの状態から確認できる豪華仕様に。
レーバテインはパーツの差し替えで通常状態⇔フルオプション装着状態の2タイプに換装可能となっています。






ジョイント使用箇所&可動箇所。


首・2連6mmジョイント、肘・膝ユニット・踵ユニット・6mmジョイント、肩・8mmジョイント、胸部・股・膝・足首・10mmジョイント、手首・モノシャフト
胸部ジョイントは腹部カバーの中に仕込む形で接続します。
膝や踵部のユニットをジョイントを使用して独立可動させるといった工夫がされていますね。
ちなみに自分が購入したものは両肩のジョイント保持力が他と比べて格段に弱いものでした。 その他のジョイントはどれも良かっただけに残念。



付属品&各ギミック。

付属品一覧。
オプションハンド×4(握り手、ナイフ持ち手、銃持ち手、左平手) オプションヘッド
肩用ロボットアーム、胸部用ロボットアーム×2、手榴弾×2、対戦車ダガー×2、散弾砲
単分子カッター×2種(収納状態×2 展開状態×2)、肩部増設ユニット×2、ラムダ・ドライバ・キャンセラー×2
デモリッション・ガン、ガンハウザーモード用砲身、ディスプレイベース(支柱は長&短の両タイプ付属)


胸部パーツの差し替えでロボットアーム展開時を再現。 各部ロボットアームのアーム部分は6mmジョイントを使用しています。
オプションハンドのナイフ持ち手は散弾砲のポンプ・グリップ部保持用としても使用できます。


頭部はパーツ差し替えで放熱索(クリアパーツ製、軸部分で回転させられます)展開状態を再現。
また膝ユニットの差し替えで単分子カッター収納状態を取り付けられます。


両肩には肩部増設ユニット及びラムダ・ドライバ・キャンセラーと取り付け可能(一部パーツを取り外す必要があります)
肩部増設ユニットにはロボットアームを使用してデモリッション・ガン及びガンハウザーモード用砲身をマウント可能。


デモリッション・ガンはアーム(2連6mmジョイント)を肩部増設ユニットと接続しているので、大きくても補助が加わる形でしっかりと保持してくれます。
さらに砲身パーツの差し替えでガンハウザーモードへ。(デモリッション・ガンの弾倉は取り外し可能)


フルオプション装着状態。
























全体的に角ばったデザインの機体なので、アーム部分の2連6mmジョイントが悪い意味で目立ってしまっているのが少々気になります。
ですが元々ギミック重視のシリーズって事で、一度弄ってしまえばそんな不満は吹っ飛んでしまうってのは流石。
さらに今回は今までに無い大ボリュームでコレでもかという位弄り甲斐があります。
値段は従来シリーズ品よりも上がってはいますが、プラス600円程度で恐ろしく充実したものに仕上がっています。
流石に毎回こういったDXセットばかり出されるのは懐的に辛いですが、たまに挟んでくるのは大歓迎ですね。

-TOP-
2008/08/13