海洋堂 REVOLTECH[リボルテック] No.049 どこでもいっしょ R・スズキ■


リボルテックシリーズ第23弾はスズキとジュンの2体がリリース。
どこいつシリーズはNo.029&R.T.F.S限定のトロ&クロで終了かと勝手に思っていましたが
ここにきてまさかのどこいつシリーズ第2弾です。 管理人狂喜乱舞。
頭部にボリュームがあるので箱もそれに合わせて、いつものより幅が広いビッグサイズ。
ほっそい手足もジョイントが効果的に使われており、見た目と可動が両立できています。
(肘の2連ジョイントが少々間延びして見えちゃいますが。)
トロ&クロは自立不可能となっていましたが、スズキはスタンド無しで自立可能となっています。








頭部の表情は設定通り、頭部を回転させて変えることが出来ます。
右回りに通常・笑い・放心・狂乱。


ジョイント使用箇所。


首・10mmジョイント、肩・手首・6mmジョイント、肘・2連6mmジョイント、股・膝・足首・8mmジョイント
頭部底部に4箇所、背中に1箇所 ジョイントを接続させられる穴が開いています。


どこでもいっしょのロゴが入った専用台座も付属。 支柱のジョイントは2連8mmジョイント。
背中にジョイントを差し込むと浮いた状態、頭部底部にジョイントを差し込むと足を付いた状態でディスプレイできます。



付属品
台座の他に指し棒、教本、スズキ高性能ドリル、スズキ高性能リーマー
なんだか凄い物が・・・。


差し棒、教本には手に持たせる為のピンが付いており、手に空いている穴にピンを差し込んで
それぞれ手に持たせる事が可能です。


左:スズキ高性能ドリル、右:スズキ高性能リーマー
手パーツと差し替えで意外と凶悪なデザインのドリルを装着可能。
本武装は「どこでもいっしょ」開発スタッフによる公式デザインとの事。 エグい、エグ過ぎる。







パーツを組み替えれば「こロボ」へ。


丘の上に〜立っている〜♪ 赤い屋根と黒い壁♪
黒板と学帽が欲しいですね。


ピンを利用したアイテムの持たせ方ですので、ゆるいデザインのクローも形状が崩れていません。







お前のドリルで天を突け!











見た目以上によく動き、多彩なポーズを表現できます。
オリジナルデザインのドリルも本体とギャップがありすぎて、それがむしろ素敵すぎます。
しかしトロやクロはともかく、スズキのアクションフィギュアを見ることが出来る日が来るとは思ってもいませんでした。

-TOP-
2008/04/15