■海洋堂 REVOLTECH[リボルテック] No.016 マジンカイザー■


シリーズ第8弾は新ゲッター3とマジンカイザーの2体がリリース。
マジンカーZ、グレートマジンガーを置いて、マジンカイザーがリボルテックで登場です。
箱に入った常態だと頭部がノッペリした印象を受けましたが、出してみるとそこまで気になりませんね。
個人的にはもう少し深めの造形の方が好みかな。







首に6mmジョイント。 肩はモノシャフトドライブの2重関節。
胸部ファイヤーブラスターが腕の可動に干渉するので、腕をあげる場合は後ろ側から回転させます。


胸部コアパーツは取り外し可能。


肘に6mmジョイント、手首には横ロール可動。
肘のジョイントには上からカバーを被せて、ジョイントを隠すようになっています。


肘を可動させる場合、ジョイント部カバーが腕内部にめり込む形で肘が曲がります。


気になるのはジョイントの一部が腕の一部から露出してしまっている点。
ほんの一部ですが、気になる人は切り込んでみましょう。


胸部、股関節に10mmジョイントを使用。


膝、足首に10mmジョイント。
膝ジョイントは関節の色に合わせて金色のジョイントが使われています。


オプション品はカイザースクランダー、オプションハンド(平手、持ち手)、カイザーソード×1、カイザーブレード×2
さらにいつものスタンドが付属…って支柱パーツが入ってないorz
本来ならば支柱パーツ(キングゲイナーなどに付属したもの)が入っているみたいです。


カイザースクランダーは6mmジョイントで本体と接続。
箱の大きさギリギリの巨大なサイズのスクランダーですが、それでもやっぱり翼の長さが足らなく感じます。
両翼を別パーツにしてもう少し長ければ最高なのですが、流石に贅沢言い過ぎですね
(↑画像ロールオーバー)


翼はプラ製で非常にシャープ&トゲトゲ。
表側の淵は丸みを帯びた形になっているのですが、裏側は特に何も無し。ただ平たいだけの形状です。
裏側から見るとプラ板でとりあえず作りましたみたいな感じがして、なんだか寂しい。
どうせなら表と同じく裏側も同じ形状がよかったな。













持ち手の角度が若干違うので両手持ちをさせることができます。










この付属品の量とボリュームでこの価格は凄い。
今月(シリーズ第8弾)は両方とも大当たりの月でしたね。
いっちょこの調子で、今後も凄いのよろしくお願いします。

-TOP-
2006/12/16