バンダイ 超合金魂 GX-46 ダイゼンガー&アウセンザイター■



アウセンザイター変形準備

プフェールト・モードへの変形時、アウセンザイターのマント、頭部スチーム、襟パーツを取り外します。
襟パーツは余剰パーツになりますが、人型形態時取り外していても首回りのモールドが無くなる位なので
気にならなければ取り外したままでも良いかもしれません。


プフェールト・モード時追加パーツ一覧。
たてがみ用スチームパーツ×2種、尻尾用スチームパーツ、状態保持用パーツ。
プフェールト・モードへの変形時、ディティールアップパーツを使用しない場合でも、パーツ固定用に状態保持用パーツを組み込む必要があります





プフェールト・モードへの変形

肩ブロックを引き下げ、肩ブロック内部に腕を折りたたみ、収納。


胸部ユニットの左右パーツを切り離し、中央部ヘッドパーツを一度取り外します。


折りたたまれている腰部リアアーマーを展開、脚部ローラー及びリアアーマーを状態保持用パーツに取り付け、固定。


太腿部カバーパーツを引き起こし、外側へカバーをスライド。 胸部ユニットの左右パーツを後部へ移動し、固定。


取り外した中央部ヘッドパーツの変形。 胸部ブロックを引き出し、たてがみ用スチームパーツを装着。


一度取り外したヘッドパーツ及び背部パーツを再度取り付け。


ランツェ・カノーネを2分割し、プフェールト・モード時の脚部へ。


砲身部が前脚、後部フレーム部が後ろ脚に変形。
差し替え無しでランツェ・カノーネの3段階変形を見事再現しています。


脚部パーツを太股及び肘部ジョイントへ取り付け。


尻尾用スチームパーツ及びシュルター・プラッテを取り付け、変形完了。




-DGG-XAM2 アウセンザイター[プフェールト・モード]-
劇中の戦闘アニメーションや設定画などを見た限りでは、どこがどう移動&変形して、人型から馬型へ変形するのかさっぱり。
というか、変形工程はゲッター並の“二次元の嘘”が取り入れられていて、変形機構を再現することは不可能…だと思い込んでいました。
そんな変形ギミックを見事、超合金魂が再現。 ダイキャストパーツをふんだんに使用した脚部の固定の為に
変形時には状態保持用パーツを取り付けなければなりませんが、それ以外はパーツの差し替えなど必要なく
ほぼ単体でのプフェールト・モードへの変形ギミックを、見事アウセンザイターへ組み込みました。

勿論変形ギミックだけを再現しただけでは終わりません。
見ての通り、単体でのプフェールト・モードは頭部や鞍パーツが小さく、劇中と比べて迫力が足りません。
そこでプフェールト・モードには、変形ギミックをオミットした、デザイン重視のディティールアップパーツが付属しています。



プフェールト・モード ディティールアップパーツ一覧。
頭部、蔵、前脚×2、後ろ脚×2。
それぞれの部分の変形ギミック内臓パーツと差し替える事により、プフェールト・モードのディティールアップを行えます。







-DGG-XAM2 アウセンザイター[プフェールト・モード] ディティールアップ版-
頭部、蔵、前脚、後ろ脚にディティールアップパーツを使用した状態。
ボディはそのままですが、頭部や脚がボリュームアップした事により、受ける印象も大分変わります。
非変形のコトブキヤプラモ版などと比べると、流石に見劣りする部分などもありますが
変形機構や可動間接などを組み込んで、ここまでの物に仕上げたのは流石の一言です。
(こちらはディティールアップパーツを使用していますが)

ディティールアップパーツ未使用状態では頭部や脚部などには可動関節は無く
股位しか動きませんでしたが、ディティールアップパーツには可動関節も組み込まれており
簡単ですが、ポーズなども付けられるようになっています。
更にディティールアップパーツ版鞍にはダイゼンガー固定用のポイントや、鐙も設置されており
安定した状態でダイゼンガーを騎乗させられる配慮なども施されています。
ちなみにディテールアップパーツを使用した完全状態のプフェールト・モードの重量は約500gオーバーとの事です。







ディティールアップパーツ使用時、プフェールト・モード可動箇所。

口:開閉。 頭部側首元:二重スイング。


胴体側首元:前後スイング。


前脚上腕:ボールジョイント。 前足膝:二重スイング。 前脚足首:ボールジョイント。
後ろ脚股:上下ロール。 後ろ脚膝:二重(上部横ロール+前後スイング) 後ろ脚足首:ボールジョイント。






刃馬一体状態へ。

プフェールト・モードへの変形時、取り外したマントパーツをダイゼンガー騎乗時用マントパーツに取り付け、ダイゼンガーへ装着。
(装着時、ダイゼンガーの襟カバーパーツを取り外す必要があります)


ダイゼンガーの股間接を鞍の形状に調整し、騎乗。 鐙パーツはダイゼンガーの足の裏に固定。
騎乗時にはダイゼンガーの腰フロントアーマーなど鞍と干渉する部分は、鞍にそれ用の穴が開いており、そこにパーツを通します。
大きく靡いたマントを補助する為のパーツも付属。お好みでプフェールト・モードの背部に支柱パーツを取り付け、その上にマントを乗せて補助します。




-ダイゼンガー&アウセンザイター[刃馬一体状態]-
ダイゼンガーが騎乗した刃馬一体状態での重量はなんと900g超え。 これでもか!とダイキャストパーツが一点集中しています。
騎乗状態のフォルムを優先する為に、特殊な構造になったダイゼンガーの股間接が大活躍。
変に隙間ができたり、脚が浮き上がったりすることなく、鞍に沿った状態で自然に跨がれています。
プフェールト・モードはディティールアップパーツを使用していますが、流石に劇中の摩訶不思議体積増加までは行われていないので
コトブキヤプラモ版と比べると、ダイゼンガーを騎乗させた状態での胴回りが少々寂しく感じる部分も。
しかし一度ポーズを付けると、そんな事はどこかへ吹っ飛びます。 ボリューム&迫力勝ち。
ちなみに後ろ脚付け根(人型時肩関節)の保持が前脚と比べて緩いので、ダイゼンガー騎乗時には
ある程度後ろ脚の位置を調整してやらないと、重さにやられて崩れてしまいます。




刃馬一体時用の専用スタンドも付属。
プフェールト・モードの前脚を跳ね上げた状態でディスプレイする事が可能になります。


超合金魂シリーズお馴染みのオプションパーツ用ディスプレイベースも勿論付属しています。
今回は劇中戦闘アニメーションにも登場する岩場を模した物に。
ダイゼンガー&アウセンザイターの武装及びオプションパーツを全てディスプレイが可能です。
更にアウセンザイターとプフェールト・モードのスチームパーツや
ディティールアップパーツ使用時に取り外したパーツなども取り付けておくことができます。
(ディティールアップパーツやマント保持用パーツなどは取り付けられません)

























「可動」のダイゼンガーと「変形」のアウセンザイター。
ダイゼンガーの見どころはやはり、「可動」 ダイキャストパーツを多用しつつ、超合金トイとは思えない可動域を誇ります。
そして合金トイならではの「質感&重量感」もたまりません(アウセンザイターもそうですが)
付属品面でも斬艦刀の各種形態やガーディアンズ・ソードといった部分まで、しっかりと押さえてくれているのが嬉しいですね。

アウセンザイターはなんといっても「変形」 固定パーツを追加しなければなりませんが
それ以外はほぼ単体で、人型形態から馬型形態への変形を見事実現しています。
本体の変形にも驚かされましたが、ランツェ・カノーネの3段階変形には軽く感動さえ覚えました。
こんな無茶な変形機構を全身に詰め込みつつも、人型/馬型、両形態ともうまく纏まっており
違和感なくダイゼンガーと並ばせられるのは流石の一言です。

しかし他社製のプラモやアクションフィギュアと比べると、流石に変形ギミックが無い分、可動やプロポーションはそちらに軍配が上がります。
(可動面には難がありますが、プロポーションに関してはそこまで悪くはないとは思いますが…)
「ギミック&重量感」か「可動&プロポーション」か、そこら辺はお好みで。
個人的には「変形ロボは変形できてナンボ」なので、今回の超合金化には両手放しで喜んでいます。

今回、超合金魂シリーズに初のスーパーロボット大戦オリジナルロボットが加わった訳ですが
この新しいステップには、賛否両論あるかと思います。
スパロボオリジナル機体を出す前に、出してもらいたいロボットは山ほどあります…が
スパロボオリジナル機体の中には、今回のダイゼンガー&アウセンザイターの様に、面白い設定を持った機体が沢山あるので
変形&合体ギミック大好物の管理人としましては、シリーズ化に相当期待している部分も。

-TOP-
2009/07/02