バンダイ スーパーロボット超合金 マジンカイザーSKL スターターパック■


2010年08月25日〜2010年10月18日の期間、「魂ウェブ商店」他にて販売された受注生産品。
マジンガーシリーズアニメ最新作「マジンガーSKL(スカル)」を、早くもスーパーロボット超合金シリーズで立体化。
本商品は『スーパーロボット超合金 マジンカイザーSKL』にマジンカイザーSKL 第1話DVDをセットした、「マジンカイザーSKL スターターパック」としてリリースされました。
現在『スーパーロボット超合金 マジンカイザーSKL』単体での、通常/限定販売等は予定されていません。
ちなみに本商品は、魂ウェブ商店以外に「ダイナミック公式オンライン」、「ドットアニメ」でも取り扱われました。
パッケージや説明書等も本商品に合わせて新規作り起こし。 勿論DVDは別パッケージです。
内部が覗ける窓等はありませんが、デザイン自体はスーパー超合金フォーマットに合わせたものです。




バンダイが贈る超合金の新ブランド『スーパーロボット超合金』に、早くも限定アイテムが登場。
OVA『マジンカイザーSKL』より、主役メカ「マジンガーSKL(スカル)」をスーパーロボット超合金化。
初立体化物が超合金ブランドってのは“流石マジンガー”、といったところでしょうか。
ウェブ限定品ではありますが、手抜きは一切無し。 通常販売品と同様の仕様&クオリティで完全新規作り起こし。
手のひらサイズながらも、先輩方(マジンガーZ&グレートマジンガー)を凌ぐボリュームで登場。
マジンカイザーをベースにしているだけあって、各部のディテールはかなり細かく、スタイルもマジンガー等と比べてメリハリが効いています。
 本体サイズはマジンガー達と同様にシリーズ共通の140mm(およそ)一般発売品同様、ボディの一部にはダイキャストパーツを使用しています。
各部カラーリングも細かくしっかりと再現されており、見栄えも十分。 ブラック&ガンメタのボディにメタリックレッドが映えます。
背部に背負う大剣「牙斬刀(がざんとう)」の固定も安定しており、ポロリも無く、自立等にも影響ありません。






可動箇所&各部ギミック

首:2重(頭部側:ボールジョイント&胴体側:ボールジョイント) 胸:ボールジョイント。 腰:ボールジョイント。
胸&腰部ジョイントは引き出し式となっており、ジョイントを引き出す事で可動範囲を広げられます


肩:2重(胴体側:ボールジョイント&腕側:横スイング) 肩アーマー:上下スイング。
肘:4重(クリック入り球体ジョイント+前腕側:前後スイング&ジョイント上下付け根:横ロール) 手首:ボールジョイント。
肘部ジョイントは同シリーズの「マジンガーZ」や「グレートマジンガー」と共通なので
マジンガー武器セット」(別売り)付属のパンチエフェクトパーツを、SKLにも取り付けが可能です。


股:2重(縦ロール&横スイング) 太腿:横ロール。


膝:クリック入り前後スイング。 足首:ボールジョイント。
脹脛部カバーにはスプリングが内蔵されており、膝の可動に連動して内側に押し込まれます。


胸部ブレストリガーグリップ部:上下スイング。
横に広がるグリップの部分が上下に移動するので、腕の可動への干渉を防ぐとこが可能です。


ブレストリガーは取り外し可能。 パーツの差し替えでブレストリガー未装着状態も再現できます。



付属品&各ギミック

オプションハンド×4種(握り手、平手、剣持ち手、銃持ち手)、牙斬刀、ブレストリガー一式
スカルパイルダー、牙斬刀用ジョイント、ディスプレイ用ジョイント



胸部に取り付けられているディスプレイ用とは別に、胸部から分離し、銃身が展開した「射撃状態」のブレストリガーも一式付属しています。
ホールド位置を変える事で、ガンモードとアックスモードの2形態で使用可能。


分離状態のブレストリガーも胸部へ取り付けが可能。 銃身が伸びているので、少々不格好。
こちらにはグリップ部可動ギミックは搭載されていません。
片方だけ取り外して、片方は固定したまま なんて事も可能。 中央の髑髏マークで押さえているので、安定しています。



大剣「牙斬刀(がざんとう)」はオールプラ製なので軽く、片手でも楽々保持可能です。


牙斬刀のグリップ部は内側から引き出す事で、槍状にする事も可能。 両手保持が楽になり、安定性が更に増します。


牙斬刀の背部マウントには専用のジョイントパーツを使用。 ピンで挟み込むだけですが、保持は問題無し。
牙斬刀側に穴やピンなど余分な物が無いので、見栄えがいいですね。



頭部スカルパイルダーは取り外し可能。
ディスプレイ用ジョイントパーツを使用する事で、魂STAGE(別売り)の支柱パーツを直接差し込んで使用できます。
アームで本体を挟む必要が無い為、安定した状態でディスプレイが可能に。 見栄えも○


スカルパイルダーはサイズの関係でドッキング形態で固定。 飛行形態はオミットされています。
主翼を折り畳んで髑髏の下顎にしたり、尾翼が前方へスライドさせてツノになったりと
見た目はアレですが、飛行形態からドッキング形態への変形はかなり面白いです。










・次へ・

ダイナミック公式オンラインSHOP」での購入者先着1000名には、特典として原作者:永井豪氏の
原寸大サイズのデッサンA3ポスター1枚と、デッサンポストカード2枚が付属しています(もう一枚はショップ側のポストカード?)


-TOP-

2010/12/17