■バンダイ S.H.Figuarts 『仮面ライダーディケイド』 仮面ライダーアビス■


「S.H.フィギュアーツ」第119弾は『仮面ライダーディケイド』より、“仮面ライダーアビス”が登場。
(仮面ライダーウィザード インフィニティースタイルとキュアハッピーとの同時発売)
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー龍騎シリーズ番外編?。
『仮面ライダーディケイド』内の「龍騎の世界」で初登場した、パラレルワールドの龍騎系仮面ライダー「仮面ライダーアビス」を立体化。

S.H.Figuarts 仮面ライダー龍騎」をベースに、頭部や肩、上半身等を新たに作り起こし、仮面ライダーアビスを再現。
勿論専用武装や各部彩色等も仮面ライダーアビス仕様となっています。
印象的なボディスーツの模様はプリントにて細かく綺麗に再現されています。 各立体ディテールのライン塗装も抜かりありません。
アーマーのメタリックカラーに、ボディスーツのつや消し模様が良いアクセントになっています。
本体の構造は一部を除き龍騎と共通。 可動箇所や各部ギミック等は龍騎のページを参考にしてください。
ちなみに首関節は「S.H.Figuarts 仮面ライダー王蛇」から採用された、可動域の広い2連ボールジョイントタイプです。
ライアから改善された腕のハードポイント(ジベットスレッド)パーツの保持もしっかりと引き継いでいます。

頭部バイザーは非クリアパーツ。スリット部カラーは塗装にて再現されています。
スリット自体が細いので、クリアパーツを使用している他龍騎系ライダーと並べても特別違和感ありません。
塗装により再現されたスリット部の質感も良く、マスク周りの塗装も抜かり無し。 とても綺麗に仕上がっています。

バックル部カードデッキも当然アビス仕様。アビスの紋章ディテールが立体造形にて再現されています。
勿論アビスのカードデッキをバックルから取り外す事も可能です。
足首は龍騎と共通のダイキャスト製の足首パーツですが、つま先がアビス専用パーツに変更されており
アビスの紋章を模した、アビス専用のソールディテールが再現されています。












アビス用新規可動箇所

上腕側の小型肩アーマーは、腕側にボールジョイントと横スイングの2重式ジョイントで接続されており
通常時は腕にピッタリと密着していながらも、可動時は横に大きく跳ね上げて、腕を真横まで開くことが可能です。
胴体側の大型肩アーマーは完全固定タイプ。 真上方向には持ち上げられませんが、それ以外は特に支障はありません。



付属品&各ギミック

オプションハンド×6種(右手×6、左手×5)、アドベントカード×4枚
アビスバイザー、アビスクロー、アビスセイバー×2、専用魂STAGE×一式(画像省略)



オプションハンドは握り手、2種類の平手、2種類の持ち手、カード用右持ち手の計6種類付属。


アビス本体と同スケールのアドベントカードが付属。
絵柄はファイナルベント、アドベント、ソードベント、ストライクベントの計4枚。



アビスバイザー
アビスの専用召喚機“アビスバイザー”も新規造形により再現。コバンザメモチーフでかっこかわいい。
装着時はハンドパーツとの差し替えにて左腕に装着。 手首ジョイントは左右共通なので、右腕でも装着可能です。
結構ボリューミーなパーツですが、オールプラ製なので軽く、片手でも楽々扱えます。
ディテールもシャープに仕上がっています。 ヒレのエッジが鋭く、指に刺さりまくり。
カラーリングは本体同様、つや消しとメタリックカラーによる全塗装再現。
ちなみに説明書には“尾びれが上腕と干渉する為、動かしている最中に擦れると色が剥げる恐れがある”との注意が記載されていました。
図入りでどこがどこに干渉するのかが、詳しく解説されており、この点はかなりの好印象を受けました。


アビスクロー
ストライクベントの“アビスクロー”も新規造形により立体化。
装着時はハンドパーツとの差し替えにて右腕に装着。 こちらも手首ジョイントは左右共通なので、左腕でも装着可能です。


アビスバイザーとアビスクローの口はそれぞれ開閉可能。
更にアビスバイザーの口内カードスロットには、付属のアドベントカードを挿入できます。



アビスセイバー
ソードベントの“アビスセイバー”も新造再現。
劇中では一本しか使用していませんでしたが、本商品では設定通り二本付属しており、二刀流アクションが可能です。



アビスのアクションをサポートする専用の魂STAGEが付属。 台座にはアビスの紋章が印刷されています。
可動支柱パーツはACT.4タイプが1セット付属しています。



































たった2話しか登場しなかった所謂ゲストキャラが、驚きの商品化。 しかも一般発売ときました。
勿論ゲストキャラだからと言って、劇中同様、手抜きは一切ありません。
現在展開中のS.H.フィギュアーツ 仮面ライダー龍騎シリーズ共通の可動素体と
アビス用に作り起こされた新造パーツ&武装により、オリジナルの龍騎系ライダーに勝るとも劣らない仕上がりです。
ダイキャスト製多重足首間接を採用した安定した下半身の可動をはじめ、シリーズとしても珍しい前腕部ロール可動関節
ソールディテールまで細かく再現されたディテール造形、カードデッキを実際に取り外せる細かなギミック等々、細かな所まで充実しています。
いつもの倍以上、手間が掛かっているではないかと思われる彩色再現も見所です。
オリジナルの龍騎系ライダーならまだしも、ゲストキャラでこの扱いは異例とも言えるでしょう。

オプションもゲストキャラとは思えない程充実しています。
元々手持ち系の武装が多かっただけあり、武装系オプションのバリエーションとプレイバリューは
オリジナルの龍騎系ライダーの中でもトップクラス。 メイン系ライダー並のボリュームです。
更に知名度の低さを考慮してか、アビス専用の魂STAGEまで用意されているので
結果的に主役級の充実度を誇るアイテムとなっています。

     
プレミアム バンダイ(魂WEB)
-TOP-

2013/10/01