バンダイ S.H.Figuarts 『仮面ライダーBLACK/仮面ライダーBLACK RX』 シャドームーン■


「S.H.フィギュアーツ」第61弾は『仮面ライダーBLACK/仮面ライダーBLACK RXより、“シャドームーン”が登場。
2010年2月に行われたバンダイのコレクターズイベント「魂フィーチャーズ VOL.1」にて行われた、S.H.フィギュアーツ商品化要望アンケートの
ライダー部門にて第1位獲得した、ファン待望のシャドームーンが満を持しての商品化。 同シリーズのBLACK RXから約2年、ついに来ました。

当然本体は完全新規作り起こし。 BLACKとは対照的なメカニカルなディテールを立体的に再現。
特徴的な各部アーマーがボディラインにメリハリを効果的に与えており、スタイルも非常に良いと思います。
プロポーションは先に発売されたBLACK&BLACK RXに合わせてか、比較的スマートな印象を受けます。
といってもアーマーにボリュームがあるので単体で見ても違和感無く、いわゆる今風なスタイルといった感じ。
しかし、BLACK&BLACK RX共にシリーズ初期のアイテムなので、いくらそれに合わせていても、並べると流石にキビシイものがあります。
NEW電王という前例もあることですし、ここは是非ともリニューアルバージョンを(ディケイド版とか銘打って)

頭部マイティアイ及びバックル部キングストーンはクリアパーツを使用し再現。 それぞれの内部ディテールもしっかりと再現されています。
肘部関節をカバーする円状のアーマーや肘部エルボートリガーは軟質素材製。
肘部アーマーは腕から独立しており、肘の可動に合わせて位置を多少調整することもできます。
軟質素材なのである程度肘関節の可動に巻き込んでしまっても問題ありません。 だた長時間曲げておくには少々心配。
ボディ部シルバーカラーを始めとした、各部彩色もとてもきれいな仕上がり。 頭部アンテナやバックルの細かな色分けも見事です。






可動箇所&各部ギミック

首:二重(上部:球体ジョイント&下部:ボールジョイント) 胸:ボールジョイント。 腰:ボールジョイント。


肩:二重(ボールジョイント&横スイング) 肩アーマー:ボールジョイント。
上腕:横ロール。 肘:二重スイング。 手首:球体ジョイント。

肩アーマーの接続方法はいつもとは違い、腕側面部にボールジョイントにて接続されています。
いつもの腕の上部接続(上下スイング)とは違い、ジョイント部が露出していない為、造形面で優れている他
ジョイントに干渉しない分腕も大きく上げることが出来ます。


股:二重(ボールジョイント+基部上下スイング) 太腿:横ロール。


膝:二重スイング。 足首:3重(横ロール&前後スイング&横ロール)


つま先:上下スイング。 踵部レッグトリガー:上下スイング。



付属品&各ギミック

オプションハンド×3種(握り手、平手、持ち手)、サタンサーベル、シャドーセイバー×一式


サタンサーベル及びシャドーセイバーの刀身部にはクリアパーツを使用し、劇中の質感を再現しています。
残念ながらサタンサーベルの鞘は付属していませんでした。


シャドーセイバーは当然、長剣と短剣の二振り共に付属。 刀身部のディテールもキッチリと再現されています。







































BLACK&BLACK RXから大分時間が開いたこともあり、造形クオリティは大幅に進歩。
印象的なアーマーをメリハリのついた造形にて再現し、劇中に近いイメージに仕上がっています。
ボディには軟質素材を有効的に使用し、可動とスタイルも綺麗に両立。
アーツシリーズのウリがこれ以上なく体現されたアイテムと言えるでしょう。
相変わらず金属パーツは未使用ですが、可動自体は足首部含め十二分に良好です。
武装はBLACK版、BLACK RX版共に揃っており、本商品一つで様々なシーンを楽しむことができます。
惜しむらくはサタンサーベルの鞘の未付属。 その点のみちょいと残念ですね。

    
-TOP-
2011/10/31