バンダイ S.H.Figuarts 『仮面ライダーオーズ/OOO』 仮面ライダーオーズ[ガタキリバコンボ]■


「S.H.フィギュアーツ」第53弾は『仮面ライダーオーズ/OOO』より、“仮面ライダーオーズ ガタキリバコンボ”が登場。
(キュアブロッサムとキュアマリンとの同時発売)
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズシリーズ第2弾は、仮面ライダーオーズの昆虫系コンボ形態。
「クワガタ・コア(クワガタヘッド)」、「カマキリ・コア(カマキリアーム)」、「バッタ・コア(バッタレッグ)」から成る『ガタキリバコンボ』

S.H.Figuarts 仮面ライダーオーズ[タトバコンボ]」をベースに、頭部や胸部プレート、腕部等をガタキリバコンボ用の新規パーツで再現。
ちなみにOCCシリーズの様な“上半身丸ごと新規パーツ”といった形ではなく、可動素体はタトバコンボと共通で
頭部や前腕、外装パーツ(胸部プレートや肩アーマー)等の、一部パーツの交換と、一部カラーリングの変更にて、ガタキリバコンボを再現しています。
従来のライダー的デザイン色が強いクワガタヘッドや、前腕部のボリュームがあるカマキリアーム等も細かなディテールを再現し立体化。
上記の通り、可動素体はタトバコンボと共通なので、可動ギミック等の変更はありません。 足首の可動&材質も残念ながら変わりありません。
可動箇所等の詳細はタトバコンボのページを参考にしてください。

頭部複眼&オークォーツ及びバックル部オーズドライバーにはクリアパーツを使用。
オーズドライバーのメダルもガタキリバカラーに変更されています。 相変わらずここの塗り分けは特に見事です。
頭部複眼と額のオークォーツは一体形成パーツとなっているのですが、オークォーツ部のカラーリングが省略されてしまっている為
左右の複眼が繋がっている様にしか見えません。 バカボンのお巡りさん的な?
単なるミスなのかもしれませんが、コレではせっかくのクリアパーツ再現でも、マイナスにしかなっていません。
普通に塗りつぶしてもらった方がよっぽど見栄えは良かったと思うのですが。







付属品&各ギミック

オプションハンド×5種(握り手、平手、カマキリソード用持ち手、メダジャリバー用持ち手、スキャナー用右持ち手)
交換用カマキリソード×2種(展開×2、手持ち×2)、メダジャリバー、オースキャナー
メダジャリバーとオースキャナーはタトバコンボと共通の付属品です。
オースキャナーのギミックはタトバコンボのページを参考にしてください。


カマキリソードは刀身パーツの差し替えにより、収納時と展開時の2タイプを再現可能。
差し替えにすることで若干の手間は掛かりますが、それぞれの形態に合わせたサイズになっているので、見栄えは非常に良いです。


腕から取り外した状態のカマキリソードも付属。 メダジャリバー用持ち手とは別に、カマキリソード専用の持ち手が付属している為、保持も抜群です。
ちなみにメダジャリバーもタトバコンボ同様付属しています。 このコンボでのイメージはあまり無いのですが。





























カマキリソードの展開&収納ギミックを差し替えにしたことにより、OCCと比べ手間は増えていますが、見栄えは格段にアップしています。
差し替えパーツは収納用、展開用、手持ち用の3タイプ用意されており、ポージングのバリエーションも豊富に。
手持ち用には専用の持ち手パーツも用意され、武装に関してはストレスなく弄ることができます。
てっきり省略されると思っていたメダジャリバーも付属し、付属品は刃物だらけ。 カマキリアームの名にピッタリ?
新造形で再現された頭部や腕の造形クオリティや、細かな塗装等の魅力はタトバコンボに引き続き勿論健在です。

ただ、S.H.フィギュアーツ タトバコンボ最大のネックである足首が、今回のガタキリバコンボでも共通パーツとして使用されている為
可動範囲や接地性、バランス等の問題は変わらずにあります。 が、そこら辺の件はタトバコンボのページでウダウダ書かせてもらったので、省略。
今回は残念ながら問題がもう一つ。 額部オークォーツの彩色の省略です。
頭部造形自体は再現度も高く、満足のいく仕上がりなのですが、無塗装のオークォーツにより、そのバランスが大きく崩れてしまっています。
工場側のミスならともかく、これを意図的にしたというのなら、どういった効果を狙ってのことなのでしょうが?
場所的にはそれほど難しくないので、気になる人は個人で塗ってしまうという手もありますが、そこら辺は自己責任で。


-TOP-
2011/03/19