バンダイ S.H.Figuarts 『仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ』 仮面ライダーエターナル■


2010年08月06日〜2010年11月08日の期間、「魂ウェブ商店」にて販売された受注生産品。
『仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ』より、“仮面ライダーエターナル”をS.H.フィギュアーツシリーズで立体化。
他受注生産品同様、パッケージや説明書などもS.H.フィギュアーツのフォーマットで、オール新規で作り起こされています。




・仮面ライダーエターナル・
次世代型ガイアメモリ『T2ガイアメモリ』の“エターナル”で、NEVERの隊長「大道 克己」が変身する仮面ライダー。
頭部や上腕、前腕、胸部、左太腿、手足のリングパーツ等をエターナル用に新規作り起こし。
25個のマキシマムスロットが取り付けられているコンバットベルト等、印象的な武装もしっかりと再現されています。
腕のファイヤーパターンは単なる塗装だけではなく、合わせてモールドが彫られており、立体感があります。
その他ボディは「S.H.Figuarts 仮面ライダーW[サイクロンジョーカー]」と共通パーツを使用。
可動箇所や各部ギミックなどはサイクロンジョーカーのページを参考にしてください。

エターナルのメインカラーであるボディの白は、成型色+パールコーティングで再現。
手足のファイヤーパターンはメタリックブルーによる彩色で再現されています。
肘や膝等の可動関節ジョイントはボディカラーに合わせて白に。
パッケージの写真では、一部関節はダブル同様黒のままでしたが、製品版では全て白に統一されていました。
贅沢を言えば、これで手首部ジョイントが青だったら、更に良かったのですが。

頭部Cアイはクリアパーツで再現。内部のモールドもしっかりと入っています。
Cアイの質感は非常に良いのですが、頭部全体のバランスは劇中のと比べると少々違和感があります。
一番目に付くのはアンテナの角度と長さ。 劇中と比べると大分真っ直ぐになっており、長さも増しています。
アンテナ中央のOシグナルのモールドは無く、塗装によって直接再現されているだけなので、ディテールも甘め。
アンテナの他に頭部Cアイのサイズも、劇中のと比べて小さく感じます。 ここはアンテナが長いせいもあるのかな。







付属品&各ギミック

オプションハンド×5種(握り手、平手、持ち手、指差し手、サムズダウン用左手)
エターナルエッジ、エターナルローブ(画像省略)


専用武器エターナルエッジも新規パーツで再現。 プラ製ではなくPVC製です。
付属の持ち手はダブルのシャフト用の物で、エッジのトリガー部には指をかけられません。残念。
ちなみに、当初付属のアナウンスはありませんでしたが、キメポーズ用のサムズダウンのハンドパーツが追加付属しています。
ただ左手だけなので、両腕でのサムズダウンポーズ等はできません。


エターナルといったらマント。 専用武装のエターナルローブもしっかりと用意されています。
PVC製の為、装着時のアクションは不向き。 素立ち+α程度のポージングが精一杯です。



































劇場版ライダーの仮面ライダーエターナルまでS.H.フィギュアーツ化。
放送終了してもなお、劇場版ライダーやドーパントといったダブル勢のリリースは、今後もまだまだ予定されており
S.H.フィギュアーツシリーズでもカブト勢を抜き、最大の充実度を誇る作品となりました。

エターナルのボディはダブルと共通点が多いながらも、コンバットベルトなどの追加武装があり
今回の立体化にあたり、そういった専用武装を再現する為に、結構な数の新造パーツを使用しています。
腕のファイヤーパターンなども新造パーツにより、モールドで再現したりと、かなりの拘り様。
本体彩色も単なる成型色ではなく、全身にパールコートが施されており
全身艶消しのジョーカー等とは、また違った質感を楽しめます。
エターナルエッジは勿論、アクションには向きませんが専用のエターナルローブも用意されており
本商品一つで、仮面ライダーエターナルをたっぷりと堪能できます。

頭部造形については、劇中のイメージとはちょっと違う感があり、劇中再現度でいえばちょっと惜しいモノがあります。
ただ、同シリーズのダブルの様な、アンテナが平らとか、極端に目が小さい等の劇中再現以前の問題 といった感じでは無く
劇中イメージとは違うけれど、フィギュアとして見ればカッコよく仕上がっており、これはこれとして楽しめると思います。
ただ頭部シグナルのディテールが無かったり、オプションハンドは充実している様で中途半端だったりと
一見充実している様ですが、ちょこちょこ抜けている部分も目に付きます。


-TOP-
2011/01/21