バンダイ S.H.Figuarts 『仮面ライダーW』 仮面ライダーアクセルトライアル■


2010年07月30日〜2010年09月13日の期間、「魂ウェブ商店」にて販売された受注生産品。
『仮面ライダーW』より、仮面ライダーアクセルの音速加速形態「仮面ライダーアクセルトライアル」が、S.H.フィギュアーツシリーズで立体化。
他受注生産品同様、パッケージや説明書などもS.H.フィギュアーツのフォーマットで、オール新規で作り起こされています。




仮面ライダーアクセルが「挑戦の記憶」を宿したトライアルメモリによって、強化変身した姿。
防御力を犠牲にした軽量化によって超高速運動能力を授かった。 バイクフォームへの変身機能はオミットされている。
オンロードバイクがモチーフのアクセルから、トライアルではオフロードバイクをモチーフとしたデザインに変化。
赤から青に変化したボディ、モトクロスヘルメット風の頭部や、オフロードタイプに変化したスポーク、装甲パージによる軽量化等が印象的。

デザインにおけるコンセプト的なものは共通ですが、アクセルとアクセルトライアルのデザイン自体は殆ど別物に。
S.H.Figuarts 仮面ライダーアクセル」との共通パーツも少なく、ボディの殆どが新造パーツとなっています。
本体の共通パーツは、関節ジョイントの他、ハンドパーツと足首から下のダイキャストパーツ位でしょうか。
ちなみに、可動関節の作りはアクセルと共通です。 可動箇所及び共通付属品のギミックはアクセルのページを参考にしてください。

アクセルは頭部造形に関して不満の声が多数挙がっていましたが、今回のトライアルアクセルは劇中イメージにかなり近いのではないのでしょうか。
ちょっと太めで、もっさり感はありますが、全体のバランスは◎ 十分劇中の雰囲気は出ていると思います。
ブルーメタリックのボディカラーも綺麗な仕上がり。各ディテールやトライアルメモリの三色ランプ等、細かな部分までしっかりと再現されています。
ちなみに、他ダブル系ライダー同様、メモリの柄(&液晶部)は残念ながら省略されています。






付属品&各ギミック

オプションハンド×6種(握り手、平手、左平手2、武器持ち手、アクセルドライバー持ち手、ポーズ右手)
エンジンブレード、アクセルドライバー、トライアルメモリ

オプションハンドやエンジンブレード、アクセルドライバーパーツはアクセルと共通です。
エンジンブレードなどのギミックはアクセルのページを参考にしてください。



腰のアクセルドライバーはパーツの差し替えで、トライアルメモリ装填の有無を再現可能。
装填時と未装填時のアクセルドライバーが別に用意されているのですが
未装填時のアクセルドライバーはアクセルからの流用パーツの為、ドライバーにアクセルメモリが装填されています。
気になるなら、メモリの部分だけ切り離してしまえばいいのだろうけど…勿体無くて無理。


マキシマムカウンターモード時のトライアルメモリも付属。
手に持たせれば、トライアルへの変身シーンや、マキシマムドライブ発動シーンなどを再現できます。





































アクセルでは顔の造形で大分損していた感が強かったですが
今回のアクセルトライアルでは劇中イメージに近い仕上がりになっており一安心。
造形面のクオリティアップは勿論、アクセルで省略されていたバイザー内への彩色も追加されており
前回のアクセルからの改善がハッキリと見られました。

ボディの殆どが新造パーツとなっており、アクセルとはほぼ別物。 限定品というのが惜しい位気合が入っている一品です。
トライアルメモリやエンジンブレード等の小物類も充実しており、本商品一つでアクセルトライアルを思いっきり堪能する事が出来ます。
欲を言えばトライアルメモリ未装填のアクセルドライバーも、新規造形でお願いしたかったところ。 どうしてもメモリが目に付いてしまいます。


-TOP-
2010/12/05