バンダイ S.H.Figuarts-EX 『仮面ライダーアギト』 ギルスレイダー■


2010年04月30日〜2010年06月14日の期間、「魂ウェブ商店」にて販売された受注生産品。
『ポピニカDX ギルスレイダー』を、『S.H.Figuarts 仮面ライダーギルス』の発売を記念して、S.H.Figuarts仕様にリニューアルして復活。
他受注生産品同様、パッケージや説明書などもS.H.フィギュアーツのフォーマットで、オール新規で作り起こされています。
(↑画像ロールオーバー)




「ポピニカ DXギルスレイダー」をベースに、成型色で再現されていたボディカラーをタリックグリーン塗装に変更。
更に細部ディテールに彩色を追加することで、リアル感を追求。 “ヌメ”ッとした感じがいいですね。
ライト部はS.H.Figuartsのテイストに合わせ、クリアパーツに変更。
フロントフォーク周りには新規パーツを採用し、左右の捻り可動が可能に(※ハンドル周りはポピニカ版同様固定です)
バイポッドタイプだったスタンドは、一脚タイプ(サイドスタンド)に変更されており
車体底面がすっきりとして、より劇中に近いフォルムになっています。
(↑画像ロールオーバー)







付属品&各ギミック

専用魂STAGE一式、差し替え用デモンズテール(大)×1セット


ポピニカ版では固定式だったフロントフォークですが、今回は新規パーツを使用して左右に捻る事が可能に。
ハンドル周りは元のポピニカ版同様、無可動です。 車体底部のスタンドは折り畳み及び展開が可能。


後輪にはスプリングによるサスペンション機構が内蔵されており、重みをかけると車体が沈みます。


デモンズテールパーツの差し替えで、デモンズテールの伸縮を再現可能。


マシントルネイダーに引き続き、今回のギルスレイダーにも
台座部に専用のプリントが施された、専用魂STAGEが付属しています。
ギルス本体の補助は勿論、ギルスレイダーのアクションもサポートしてくれます。
ただ、いつも通り(?)支柱部が弱いので、ギルスレイダーをまるまる保持するのは結構難しいです。

























ポピニカ版のボディカラーは成型パーツのままという事もあり、どうしてもおもちゃっぽさが強くなっていましたが
今回のリニューアル版では大幅に彩色が追加された事によって、印象はガラリと変わっています。
パッと見豪華なのは勿論、各部のメタリックカラーとクリアパーツが“ヌメ”っとした質感を出しており
ギルスというキャラクター性に良く合う、生物感が良く出ていると思います。
造形自体は元々良く、今見ても十分イケるのですが、更に新造パーツが追加された事により、見た目もギミックもパワーアップ。
最新アクションフィギュアシリーズである、S.H.Figuartsのキャラクター達と並ばせても、なんら遜色ありません。
さてアギトのポピニカシリーズ復刻&リニューアル版も、マシントルネイダー、ギルスレイダーと続いたとなると
否が応にも残りのガードチェイサーにも期待が高まるってもんです。 といってもあんまり変わらなそうではありますが。


-TOP-
2010/08/27