■バンダイ S.H.Figuarts 仮面ライダーカブト 仮面ライダーキックホッパー■


「S.H.フィギュアーツ」第四弾は「仮面ライダーカブト」よりキックホッパーが登場。
(パンチホッパーも同時発売されています)
THE NEXTシリーズが開始から続いていましたが、5体目にしてやっとこ新シリーズに突入です。
カブトシリーズ第一弾は“地獄兄弟”ことキック&パンチホッパー。
装着変身ではお目にかかることができなかった2体が色々飛び越して殴りこみです。

プロポーションのバランスなどはTHE NEXTシリーズと同じですね。
頭部アイ部分はクリアパーツで再現されており、内部には複眼モールドが。
前腕、太腿、膝、脛横のプレートアーマーはダイキャスト製。 それは良いのですが
色合いが他装甲部分と違っていて、その部分が浮いてしまっているのが残念です。






可動箇所&各部ギミック

首二重(上下ボールジョイント接続) 腹部及び腰部それぞれボールジョイント接続。
首部分の可動範囲はTHE NEXTシリーズと比べて更に広くなっており
やさぐれ感(?)を思いっきり漂わせる事が可能です。
ただ胴体側のジョイント受けの保持力が若干弱めで、少々外れやすい印象を受けました。


肩ボールジョイント接続(関節部にはカバーが)+軸可動関節。 肩装甲は独立しているので肩の可動に干渉しません。
上腕ロール、肘二重、手首には軸可動のジョイントが仕込まれています。


股関節部ボールジョイントは軸が上下に可動するようになっており、それによって股の可動範囲が広がります。
股関節部ボールジョイント、太腿横ロール。


膝二重関節、足首ボールジョイント接続、足首前後左右可動+爪先部上下可動。


キックポッパー最大の特徴である脚部アンカージャッキは差し替え無しで可動。
ライダーキック時の作動過程をそれぞれ再現できます。


オプションハンドは3種類付属(握り手、平手×2種)
更にまさかのアイテム カップ麺「兄弟ラーメン 兄貴塩」が付属。
たった1シーンの小道具 しかも厳密に言えばホッパー自体には関係がアイテムですが、コイツは嬉しいですね。
他フィギュアと絡ませる時やこれだけ他フィギュアに流用など 色々楽しめそうです。




さらにキック&パンチホッパーの発売を記念してS.H.フィギュアーツ「ネガティブキャンペーン」が行われています。
キック&パンチホッパーそれぞれ初回特典として「地獄兄弟の言霊スタンド」が同梱されています。
台座部分にはそれぞれ劇中で発したセリフ、“ネガティブワード”がプリントされています。

キックホッパーのネガティブワードは全部で4つ
1.「俺と一緒に地獄に落ちるか?俺の弟になれ」 2.「俺たちは闇の住人だ。光を求めるな!」
3.「今、誰か俺を笑ったか?」 4.「おまえはいいよなあ・・・どうせ俺なんか・・・」
ランダムでパッケージ内に同梱されており、セリフを選ぶ事はできません。

ちなみにスタンド自体は後日発売が予定されている「魂STAGE ACT2 アクションサポートタイプ」のお試し?(簡易?)版。
本体固定用アーム基部は2タイプ付属。 アームの位置を変えられるタイプ(↑画像左)と
アームの位置は固定で基部に上下可動関節が仕込んである浮遊タイプ(↑画像右) それぞれ用途に応じて使い分けます。
支柱底部にはクリック入りの前後可動ポイントが。 さらに台座には支柱を取り付けられる穴が3箇所開いており
ポーズに合わせて位置を変えたり、一つの台座に2つの支柱を差し込んで2体一緒に飾る なんてことも可能です、










残念ながらポッパーゼクターのレバーは固定です。
















やっぱりホッパーは2体いっぺんに揃えておきたいですね。
本体の作りに関しては「THE NEXT」シリーズで既にお墨付きなので言う事なし。 思う存分ガシガシ弄れます。
カブトシリーズも頭部及び一部の装甲を除き、素体部分は殆ど共通だと思うので
今後発売が予定されている他ライダー達も安心して待てそうです。
とりあえずドレイクは何が何でも・・・・。

-TOP-
2008/08/10