バンダイ S.H.Figuarts 『仮面ライダーW』 仮面ライダーW[ヒートメタル]■


「S.H.フィギュアーツ」第30弾は「仮面ライダーW」より、仮面ライダーW[ヒートメタル]が登場(強化外骨格霞とイース.との同時発売)
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーWシリーズ第2弾は、仮面ライダーWの基本フォームの1つである
「熱き(熱の)記憶」を宿したヒートメモリと「闘士(鋼鉄)の記憶」を宿したメタルメモリで構成された、“ヒートメタル”。

S.H.Figuarts 仮面ライダーW[サイクロンジョーカー]」をベースに、ボディカラーをヒートメタル仕様に変更。
左右ともメタリック調の彩色になっており、とても綺麗。 関節パーツはサイクロンジョーカー同様、黒のままです。
胸部及び手足のリングは新規パーツになっており、ヒートメタル時の模様が再現されています。
背部にはウィンディスタビライザー用のポイントは無く、新たにメタルシャフト用のポイントが設けられています。
可動箇所や各部ギミックなどはサイクロンジョーカーのページを参考にしてください






付属品&各ギミック

オプションハンド×3種(握り手、平手、持ち手)、メタルシャフト×2種(収納時、展開時)



メタルシャフトはロッド未展開状態とロッド展開状態の2種類が付属。
それぞれの形態に合わせた造形になっており、グリップのサイズなどが若干違っています。
ロッド未展開状態のものには、本体背部に固定するためのピンが設置されています。


ロッド未展開状態のメタルシャフトは背部ポイントに取り付けて、未使用時の背負った状態を再現できます。































ベースはサイクロンジョーカーと共通なので、アンテナの形状やCアイのサイズなど、同じ様な問題点はありますが
メタリックカラーで再現されたインパクトのあるボディや、関節パーツの露出を極力抑えたプロポーションなど、魅力的な部分も多くあります。
今回はヒートメタルという事で、サイクロンジョーカーから雰囲気も一転。
手持ち武器のメタルシャフトが加わった事で、ポーズの幅も広がり、また違った楽しみ方が出来ます。
これでWFCの様なハーフチェンジギミックがあれば、サイクロンジョーカーとヒートメタルの2品だけで
他フォームのサイクロンメタルやヒートジョーカーができたのですが、流石にS.H.フィギュアーツでそれは無理な話。
こればっかりは、それぞれ別での立体化を待つしかありません。 全フォーム出すつもりでいるバンダイも流石というか何というか。


-TOP-
2009/03/19