バンダイ S.H.Figuarts 『仮面ライダーカブト』 ネオトルーパー■


09年10月30日〜09年12月11日の期間、「魂ウェブ商店」にて販売された受注生産品。
『劇場版 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE』より、NEO ZECTの汎用戦闘員“ネオトルーパー”が、S.H.フィギュアーツシリーズで立体化。
他受注生産品同様、パッケージや説明書などもS.H.フィギュアーツのフォーマットで、オール新規で作り起こされています。




S.H.Figuarts ゼクトルーパー[シャドウ隊員ver.]」をベースに、カラーリングをネオトルーパー仕様に変更。
ヘルメット&アーマー各部のカラーリングがガンメタからシルバーに変わっているので、大分印象は違いますね。
ヘルメットやボディアーマーに入っている青いラインはプリントで再現されています。
カラーリングの変更以外は通常発売されたシャドウ隊員版との変更はありません。
可動箇所や各部ギミックなどは、シャドウ隊員版のページを参考にしてください。






付属品一覧

オプションハンド×3種(握り手、平手、持ち手)、マシンガンブレード
付属品面もシャドウ隊員版から変更はありません(カラーリングのみ変更) やっぱりブレードは展開できず。
ネオトルーパーが劇中で使用していたシールドなども付属していません。























やっはりゼクトルーパー系はふっ飛ばし甲斐があります。




通常隊員仕様はともかく、まさかネオトルーパーまでS.H.フィギュアーツで立体化されるとは。
「どうせ色変えるだけだし、とりあえず出しておく?」感がヒシヒシと伝わってくるのがナントモ。
これでマシンガンブレードのブレードギミックや専用シールドの追加などあれば、印象も違っていと思うのですが。
まぁなんだかんだ言っても、トルーパー系には他ライダーキャラには無い味があるので、弄り甲斐&絡ませ甲斐はあります。
何体あっても困る様なキャラではないので、ここまでやったならブライトルーパーまで出し切ってもらいたいものです。


-TOP-
2009/03/07