バンダイ S.H.Figuarts 『仮面ライダーカブト』 仮面ライダードレイク■


「S.H.フィギュアーツ」第26弾は「仮面ライダーカブト」より、“仮面ライダードレイク ”が登場。
カブトなどと同様、既に装着変身シリーズで立体化済みのキャラですが
“S.H.フィギュアーツ”フォーマットの造形に伴い、プロポーションをはじめ、雰囲気などガラリと変わっています。
ほとんどの部分は前回のホッパーと同様のパーツを使用。 可動個所やギミックなどはコチラを参照にしてください。

マスク、ボディアーマー、腹部、右腕、左肩アーマー、武装などを新規作り起こしで再現。
フォースアイ部はクリアパーツを使用。 内部の特徴的な複眼も再現されています。
右肩まで伸びているボディ部の翅型アーマーは、ボディ部と一体なので右肩の可動はある程度制限されます。
また、右肩アーマーは左肩アーマーと比べ、かなり外れやすくなっており
ある程度腕を横に挙げると、固定用のピンが肩に押し出される形で、すぐに外れてしまいます。
個体差なのかもしれませんが、弄っているとこれはかなりのストレスに。






ドレイク用付属品一覧

オプションハンド×3種(握り手、平手、持ち手)、ドレイクゼクター

ドレイクゼクターは通常の射撃状態固定となっており、ゼクターウィング部も動きません。
だからといって、それとは別にライダーシューティングモードのドレイクゼクターが付属しているわけでもありません。
・・・え、えー!?





























細長のS.H.フィギュアーツ体系が、ドレイクの雰囲気にいい感じに合っている様に思えます。
個人的にカブト系ライダーで一番のお気に入りが、このドレイクだったので
こうしてS.H.フィギュアーツで立体化されることを心待ちにしているのと同時に
正直無理な事だと初めから諦めていましたが、まさか本当にこうして立体化されるとは…。
もう、とにかくそれだけで万々歳。 言うことありません。

…なーんて、商品化が決まった時には思っていましたが
いざ開けてみると、まさかのライダーシューティングモードのドレイクゼクター未付属。
ポーズ固定フィギュアとかならともかく、可動フィギュアなら必要最低限の付属品として、両形態付属するのが当たり前だと思っていました。
(現にキャストオフライダーシリーズや装着変身シリーズでは両形態とも再現可能)
ドレイクではこういった状況なのに、前回のザビーではライダーフォーム時には本来使用しない
ザビーゼクターも付属していたりと、付属品を削る基準がイマイチ分かりません。
結局は担当者のテンションに左右されるのでしょうか…。

-TOP-
2009/12/12