バンダイ S.H.Figuarts 『仮面ライダーカブト』 ゼクトルーパー[シャドウ隊員ver.]■


「S.H.フィギュアーツ」第22弾は「仮面ライダーカブト」より、“ゼクトルーパー:シャドウ隊員ver.”が登場(仮面ライダーザビーとの同時発売)
縁の下の力持ち? ZECTの汎用戦闘員“ゼクトルーパー”が驚きの立体化。
カブト系キャラのボディパーツは一部を除き、共通パーツを使用していましたが
ゼクトルーパーはライダーと共通の部分がない為、オール新規での作り起こし。
スマートなフォルムのライダーとは違う、戦闘服のダボっとしたラインが再現されています。
頭部アンテナは軟質素材製。 ダイキャストパーツは使用されていないので、ライダーを弄った後だと大分軽く感じます。
ボディカラーは同時発売のザビーに合わせて、ザビー資格者が指揮を執る精鋭ゼクトルーパー部隊シャドウ仕様に。
側面部ラインやゼクトのロゴなどはプリントで再現。 ボディアーマーなどは艶消しのメタリックカラーで塗装が施されています。






可動箇所&各部ギミック

首:二重(球体ジョイント+ボールジョイント) 胸部:ボールジョイント。 腰部:二重ボールジョイント。


肩:二重(ボールジョイント+横スイング) 肩パット:上下スイング。 上腕:横ロール。 肘:二重スイング。 手首:球体ジョイント。

 
股:二重(ボールジョイント+基部上下スイング) 太腿:横ロール。


膝:二重スイング。 足首:ボールジョイント。 爪先:上下スイング。
足首の関節はボールジョイントのみになっているので、ポーズによっては安定性に欠ける場合があります。



付属品&各ギミック

オプションハンド×3種(握り手、平手、持ち手)、マシンガンブレード


マシンガンブレードは手首ジョイントに直接取り付ける形で固定。 フォアグリップは可動式となっています。
ちなみに格闘専用ブレードの展開は再現されていません。 再現できるものとばかり思っていたので、結構ショック。











股間接のボールジョイントの保持が他のキャラと比べて、若干緩めなのが気になります。










こうして立体化されただけで驚き&万々歳のキャラなワケですが、まさかここまでしっかりと作り込まれているとは。
S.H.フィギュアーツの可動を全身にこんもり盛り込みながらも、造形、ボディバランス共に力が入っており
飾ってよし、弄ってよし、吹っ飛ばされてよし? の三拍子。
メインのライダー系キャラにも負けないクオリティとなっています。 一家に一分隊、ゼクトルーパー隊。
しかし、そう考えるとブレードギミックの省略が余計残念でなりません。 ノーマル隊員の商品化の際は、是が非でも再現を。











戦闘員キャラならではの、挿げ替え遊びなんかも。

-TOP-
2009/09/30