■バンダイ 『仮面ライダー鎧武/ガイム』 AC‐10 仮面ライダー鎧武[ジンバーレモンアームズ]■


『仮面ライダー鎧武/ガイム』の可動アクションフィギュアシリーズ「AC(アームズチェンジ)シリーズ」
仮面ライダー鎧武/ガイム最大の特徴である、“アームズチェンジによるフォームの換装と、変身シークエンス”を再現可能。
シリーズ第10弾は、オレンジロックシードとエナジーロックシードとの組み合わせで変身する鎧武の強化形態“仮面ライダー鎧武 ジンバーレモンアームズ”
ジンバーライドウェアを纏った「ジンバー版鎧武フィギュア」と「ジンバーアームズ」とのセットです。




仮面ライダー鎧武(ジンバーライドウェア版)
AC‐01 仮面ライダー鎧武」より採用された、ACシリーズ素体共通フォーマットでジンバーライドウェア仕様の仮面ライダー鎧武を立体化。
AC‐01 仮面ライダー鎧武」をベースに、カラーリングの変更と一部新規パーツの追加により、ジンバー版鎧武を再現。
ヘッドパーツ及びボディパーツは通常版と共通。ヘッドパーツは前立てと顎のカラーがジンバーカラーに変更されています。
バックルの戦極ドライバーは新規パーツにより、拡張スロットのゲネシスコア&エナジーロックシードが装填された状態を再現。
通常版では装着されていた左腰の無双セイバー用ホスルターはオミットされています。

本体カラーリングは通常版同様、成型色&一部塗装により再現。
ボディスーツ部カラーは成型色再現。 メタリック調のネイビーブルーカラーにて、劇中の様な光沢を表現しています。
成型色ながらもなかなか良い色合いが出ていますね。 質感も○
その他カラーリングは塗装にて細かく再現されています。 前腕と太腿の模様はプリント再現です。
エナジーロックシードのカラーは、クリア素材をイメージしブルメタリックカラーで仕上げられています。
本体の可動性能等の詳細は通常版のページを参考にしてください。







アームズチェンジギミック

ジンバーアームズ
オレンジアームズと対応するエナジーロックシードの鎧とが融合・変化した鎧「ジンバーアームズ」
球体時の4枚の装甲は、状態維持用のガイドピンでそれぞれ固定されているので、簡単に装甲がバラける等といったことはありません。
本体とのサイズ比較は本ページトップの画像を参考にしてください。


従来のアームズとは異なり、装着時にはアームズ側か準備が必要です。
アームズ上部のヘタパーツ(上部肩アーマー)を一度取り外し、ヘタパーツ両側面の装甲を左右に開きます。


その後フィギュア本体の頭をジンバーアームズの底部に差し込み、両肩に底部フレームを固定する。
ジンバーアームズの装甲を四方に開きつつ、装甲の中間部を折り畳み、全ての装甲を下げる。


一度取り外したヘタパーツを肩のフレームに取り付け、胸部ジンバーラングのエナジーパネルを開けば装着完了。



仮面ライダー鎧武[ジンバーレモンアームズ]
ジンバーライドウェア版鎧武フィギュア本体とジンバーアームを組み合わせた状態。
従来の差し替え無しでの変形&装着が可能だったアームズとは異なり
今回のジンバーアームズは上部肩アーマーパーツは、展開&装着時には一度取り外す必要があります。

その他の仕様はいつも通り。 頭部をアームズ内に差し込むと、頭部と兜がドッキングし、装甲の展開で装着シークエンスが完了します。
兜側にはジンバーアームズ用の複眼ディテールが造形されたプレートが搭載されており、頭部と兜が合わさると
そのプレートが頭部クリアパーツの内側に配置される形で収納されます。
これによりジンバー版鎧武の頭部にジンバーアームズ時の複眼が出現し、クリアパーツの上から内部の複眼ディテールを確認することが出来ます。
兜と鎧はそれぞれの部位(兜は頭、鎧は両肩)にガッチリと固定されており、アクション時に外れる心配はありません。
四方に開いた装甲の基部はヒンジで上下に可動する為、腕や胴体の可動に干渉すること無く、素体の可動をそのまま行えます。

ジンバーの名の如く陣羽織の様な胸部アーマーが特徴的な鎧武の新たな鎧“ジンバーアームズ”を
フルーツ形態?からアーマー形態への変形ギミックを組み込み完全再現。
胸部ジンバーラングの4枚のエナジーパネルの模様はメタリックシールにて再現。
展開ギミックの関係上、肩アーマー及び背部アーマーに少々厚みが出ており
胸部ジンバーラングは若干小ぶりではありますが、素体との纏まり具合は良好でバランスも良いです。
カラーリングはほぼ完璧に再現されているので、見栄えも抜群です。









ジンバーラングチェンジギミック

使用するエナジーロックシード毎に鎧が変化するジンバーアームズ。 その特性をACでも完全再現。
フィギュアの胴体とアームズを繋ぐ固定フレームは可動式になっており
フレーム外側のパーツがフレームのレールに沿って360°回転します。 回転時は装着したまま行えます。
四方の装甲には全てエナジーパネル展開ギミックが備わっており
装甲の位置を変えることにより計4形態へのアームズへと変化します。



ジンバーレモンアームズ/ジンバーピーチアームズ
ジンバーチェリーアームズ/ジンバーメロンアームズ

基本形態であるジンバーレモンアームズから反時計回りで回転させると、レモン→ピーチ→チェリー→メロンへと変化。
各形態のエナジーパネルの模様は全てメタリックシールにて再現されています。



付属品詳細

ソニックアロー
AC‐08 仮面ライダー斬月・真」と共通のソニックアローが付属。 ソニックアローの詳細は斬月・真のページを参考にしてください。
ちなみに、メロンエナジーアームズでは可能だった背面部装甲へのマウントギミックは今回は搭載されていません。
残念ながら無双セイバーは付属していません。 二刀流を再現する為には鎧武や斬月からの流用する必要があります。



アームズチェンジシリーズ換装ギミック

別売りのアームズチェンジシリーズのアームズパーツと組み合わせることで、オリジナルの形態を再現可能です。
アームズパーツの交換だけでは無く、アームズチェンジギミックもそのまま使用できます。

































ジンバーアームズの陣羽織風アーマーを、フルーツ形態?からアーマー形態への変形ギミックを組み込み完全再現。
更に使用するエナジーロックシード毎に変化する、ジンバーアームズ独自のギミックまでも搭載されており
本商品一つで4形態ものアームズを楽しむことが出来ます。
変化自体は胸部装甲の模様が変わるだけですが、4枚の装甲が全ての面に対応する構造は非常に面白く
装甲をくるくると回してアームズを変える動作はシンプルなので、誰でも直観的に楽しむことができると思います。
ただアームズ装着の際に一部パーツの付け替え作業が必要となってしまった為
今までのアームズの様な、差し替え無しの完全変形では無くなってしまった点は少々残念です。
差し替え式にしたことで、肩周りのディテール&ボリュームは申し分無いので、結果行って来いなのですが。

     
プレミアム バンダイ(魂WEB)

-TOP-

2014/04/10