バンダイ S.I.C. VOL.58 仮面ライダーW[ヒートメタル&ルナトリガー]■


























































前作の「サイクロンジョーカー/サイクロンジョーカーエクストリーム」では、換装ギミックが単なる作業になってしまっていて
その点に関しては面白味は感じられませんでした。 パーツの保持にも影響が出てしまっていて、その点でもマイナス。

しかし今回の新換装ギミックでは頭部や腹の分割も可能となり、文字通り「はんぶんこ」が可能に。
左右のパーツを完璧に生かして、劇中のハーフチェンジギミックを見事に再現しています。
ワンタッチでハーフチェンジを再現したWFCシリーズと比べれば、確かに作業量は多くなっていますが
決して面倒とは感じずに、スイスイと組み立てられます。 外装パーツを全て使えるというのも高ポイント。
サイクロンジョーカー用の新換装ギミック対応パーツも付属しているので、前作と本作のたった2商品のみで
ダブルの通常フォーム全9種を全て再現できます。 驚きのコストパフォーマンスの良さ。
ただ本体の内部フレームは2個しか付属していないという、相変わらずの抜けた部分も。 そこら辺もう一声欲しかったところです。

前回の不満点もしっかりと改善されており、アクションフィギュア単体としてのクオリティも上がっています。
個人的にS.I.C.シリーズに毎回期待している小道具類も、今回もホームラン級の仕上がり。
特にメモリガジェットの作り込みは半端じゃありません。 これ目当てで買ってもいい位の品です。
その他、エフェクトパーツや状態変化パーツ等も付属しており、驚きの充実っぷり。
てっきりそういったパーツは全て、「魂ウェブ商店」にて販売される『エフェクトパーツセット』に回されるものとばかり。
ところがどっこい、本商品のオプションだけでも各フォームを十二分に楽しめる内容となっていました。

とにかくプレイバリューが凄いの一言。
S.I.C.アレンジには好みが分かれるかと思いますが、スタイル、可動、ギミック、オプション
それら全ての面で、他アクションフィギュアシリーズを凌駕しています。
ダブルを目一杯楽しみたいなら、まずはS.I.C.版を強くオススメします。


-TOP-

2011/06/20