バンダイ HG 1/144 CB-0000G/C リボーンズガンダム■


・CB-0000G/C リボーンズガンダム
ヴェーダの中に蓄積されたMSの技術を使って作られた機体「リボーンズガンダム」がHG00シリーズで登場。
元々は別機体として設計されていた主力機/支援機の2機の機能を一機に集約した、リボンズ・アルマーク専用機。
HG化にあたり、本機体最大の特徴であるガンダムモードからキャノンモードへの変形を再現。
計5色の成型パーツを使用し、カラフルな彩色を再現。 付属のホイルシールと合わせて使用すれば、塗装無しでも設定に近いカラーリングに。
(今回組み立て時に使用したシールは、頭部周りと胸部クリアパーツ内部の物のみ使用しています)
頭部、胸部、ビーム刃部などにはクリアパーツを使用。 パーツは透明なので劇中のビーム刃のカラーを再現する為には塗装が必要となります。






ガンダムモード時:可動箇所&各部ギミック

首:二連ボールジョイント。 胸:前後スイング。 腰:横ロール。


肩:二重(縦ロール+横スイング) 上腕:横ロール。 肘:上下スイング。 前腕:上下スイング。 手首:ボールジョイント。


フロントアーマー:ボールジョイント。 サイドアーマー:ボールジョイント。 股:ボールジョイント。


膝:二重スイング(可動に連動して膝カバーパーツが可動します) 足首:二重(ボールジョイント+横スイング)


背部ウェポンユニット基部:ボールジョイント。 大型GNフィンファング基部:上下スイング。


大型GNフィンファング:取り外し可能。 背部メインスライスターノズル:ボールジョイント。


大型ビームサーベル:グリップ取り外し可能。
サーベル用ビーム刃パーツが付属しており、グリップに取り付ける事で使用状態を再現可能。


GNバスターライフルは前腕部に接続用アームを取り付けて使用。
未使用/キャノンモード状態及び、精密射撃/ガンダムモード状態の2形態を再現可能。


GNシールドは前腕部に取り付けて使用。
シールド側面部のパーツをスライドさせて、小型GNフィンファング射出状態を再現。小型GNフィンファングは固定です。





ガンダムモード→キャノンモードへ

肩部ジョイントを引き出し、肩アーマーを折り畳み、頭部を内側に収納。 爪先&踵パーツを展開。


ガンダムモード用ハンドパーツを取り外し、前腕部パーツを180°回転。 逆側のポイントにキャノンモード用ハンドパーツを取り付ける。


GNサーベルグリップパーツを収納し、大型GNフィンファングを90°回転。 背部メインスラスターカバーを閉じて、キャノンモード頭部を引き出す。


膝下部関節を内側に押し込むと、それに連動して脹脛部左右パーツが展開。 キャノンモードへの変形完了。




・CB-0000G/C リボーンズキャノン・
ガンダムモードからキャノンモードへは、それぞれのモードのハンドパーツのみの差し替えで、特徴的な2形態の変形を再現。
バックパックが変形して頭部&胸部になったり、膝関節の変形に連動して脹脛部装甲が展開したりと
変形させるだけでもなかなか面白いギミックになっています。
基本的な可動関節はガンダムモード時と共通のポイントを使用していますが、頭部や肩関節などはキャノンモード専用となっています。
(↑画像ロールオーバー)






キャノンモード時:可動箇所&各部ギミック

首:ボールジョイント。 肩関節:前後スイング追加(ガンダムモードでもジョイントを引き出して使用できます)


手首:横ロール。 リアアーマー:ボールジョイント。



























複雑なギミックではありませんが、最小限の差し替えで特徴的な2モードの変形をHGシリーズで見事再現しています。
どちらかのモードにギミックの支障が出てしまう っといった事も特になく、両モードともスタイル/ギミック共に楽しめました。
模型的な楽しみの他に、玩具的な楽しみ方もできる非常に面白いキットだと思います。
出来れば今後、大型キット&完成品トイでもこの変形ギミックを体験してみたいですね。
久しぶりにHG00シリーズのキットに触れましたが、パーツ構成やポリキャップパーツの形状が劇的(?)に変わっており、驚き。
今になってセカンドシーズンキットへの興味がムクムクと。

-TOP-
2009/09/10