バンダイ MG 1/100 RX-93-ν2 Hi-νガンダム[Ver.Ka]用 HWS拡張セット■

・前のページに戻る・


























νガンダムのHWSをHi-νガンダム[Ver.Ka]用武装として大胆アレンジ。
馴染み深いスタンダードなHWS装備スタイルである第1形態から、各部の装甲の展開とハイパー・メガ・シールドの変形により、フォルムがガラリと変わる第2形態に変形。
単に出渕氏のオリジナル・デザインからパーツを移植しただけではなく、Ver.Kaならではのオリジナルギミックが多数搭載されています。
シンプルな増加装甲に過ぎなかったボディ側の追加ユニットにも、内蔵式ミサイル・ランチャーや隠し腕ギミックを追加することで、武装の更なる強化とギミックの充実が図られています。
それらのパーツの展開の有無で武装やフォルムの変化も楽しめて一石二鳥です。

そうした中でも目を引くのが、元から存在感抜群だったハイパー・メガ・シールドへのアレンジ。
シールドから下向きに生えている2本の太い筒を推進機能も兼ね備えた武装と解釈し、第2形態ではバックパック側に装着する大型の推進に変形。
シールド両側面のパーツがウイング・バインダーのように変化し、中央のパーツはアームド・アーマーDEへの繋がりを思わせます。
ア・バオア・クー決戦時のRX-78-2 ガンダムをイメージした、バズーカの2丁装備スタイルという遊び心もニクイですね。
シールドの様に追加武装的な要素をプラスしたハイパー・メガ・ライフルや、インクスポット迷彩を再現できるシールド用デカールという点も◎
本体のオリジナル展開ギミックと同様に、ガンプラならではの自由なイマジネーションを広げる要素が盛り沢山のセットです。

本体の開発段階から本セットとの連動が前提にされていただけあり、各種追加武装の安定性も申し分ありません。
ボディ側の追加ユニットは勿論、大型のライフルやシールドも難なく固定&保持が可能です。
まさかハイパー・メガ・ライフルがしっかりと保持出来るだなんて思ってもいませんでした。
ただ本体の肩関節の保持が甘い為、パーツをガッチリ固定できても、関節が支えきれていません。
この点は本セットを使用しない、本体単体の段階から危惧していた部分でしたが、予想通り無理がありました。
肩関節の引き出し関節はそれ程必要無いという方は、引き出し関節の基部を固定する等の改造を施した方がストレス無く弄れるかもしれません。

     
プレミアム バンダイ(魂WEB)
-TOP-

2014/09/22