MAXファクトリー×メディコム・トイ figma 『KAMEN RIDER DRAGON KNIGHT』 仮面ライダー インサイザー■


figma『KAMEN RIDER DRAGON KNIGHT』シリーズ第3弾は、リッチー・プレストンが変身する「仮面ライダーインサイザー」がfigmaで立体化。
(シリーズ第3弾は仮面ライダートルクと仮面ライダーインサイザーの2体同時発売)
figma 仮面ライダー ドラゴンナイト」をベースに、頭部や胴体&肩アーマー等を新たに作り起こし、インサイザーを再現。
勿論専用武装や各部カーリング、マーキング等もインサイザー仕様となっています。
本体の構造はドラゴンナイトと共通。可動箇所や各部ギミック等はドラゴンナイトのページを参考にしてください。

ボディアーマーのカラーリングにはメタリックカラーを使用し、テカテカに再現。 ぬっとり感がなんともいやらしいです(?)
彩色クオリティはサンプル品と比べても見劣りしない、素晴らしい仕上がりだと思います。 蟹のくせにっ
蟹の脚をイメージした背中及び肩の突起部は軟質製。 ディテール的には問題ありません。
頭部触覚?はプラ製で固定されている為、取り扱いには注意が必要です。
ちなみにハズレを引いてしまったようで、触覚の片方が曲がった状態で接着されていました。 引っこ抜いて接着しなおしました。






付属品&各ギミック

オプションハンド×6種(握り手、持ち手、平手×2種、カード用右持ち手、召喚機用左持ち手)
アドベントカード、ストライクベント用武器、盾
その他、↑画像にはありませんがお馴染みのfigma専用台座やハンドパーツ用ラック、チャック付き小物入れなども付属しています。


「ファイナルベント」の絵柄が印刷されたプラ製のアドベントカードが一枚付属。 裏の模様は省略されています。
カード用の持ち手も付属しており、スマートにしっかりと保持が可能です。


爪型召喚機はパーツの差し替えで盾装着時を再現。
鋏状のパーツは残念ながら両形態とも固定となっています。
ちなみに、鋏状のパーツの保持が緩く(盾も)外れやすくなっています。 本商品一番の残念ポイントはココでしょうか。


左腕の爪型召喚機にはハンドガードが取り付けられておりますが、右手同様ハンドパーツの交換は可能です。


ストライクベント用武器の装備は、前腕部パーツとの差し替えで装着します。
鋏は可動式となっており、開閉が可能です。



































みんな大好き仮面ライダーシザーズ(日本版名) 海外版でもアレな扱いで一安心?
ヤラレ役やネタキャラとしても定着しているライダーですが、じっくり見るとこれが意外に味のあるデザインで面白い。
特に頭部ディテールは何気に複雑で、見る角度によっても印象が変わります。
武器が鋏ってのはアレですが、召喚機や盾のデザインはネタ抜きで見てもカッチョイイと思います。

そんな蟹さんを好評のfigmaシリーズで出すというのだから、悪くなるワケありません。
好評のスーツ感満点の腰回りパーツとの相性は勿論抜群。 頭部及びボディアーマー等の再現度も非常に高いです。
上記の通り、サンプル品からの劣化も特に感じさせず、素晴らしい仕上がりに。
前のドラゴンナイトやウイングナイト以上のクオリティだと思います。 …か、蟹なのにッ。
付属品も劇中に登場した武装は全て付属(少ない? だって2話しか出てないもの) 思う存分蟹ライダーを堪能できます。
強いて言うなら爪型召喚機の爪は可動してほしかったところ。 他のライダーの召喚機はともかく、蟹のは数少ない武器の一つなので。


-TOP-

2011/02/18