MAXファクトリー figma 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』 式波・アスカ・ラングレー[テストプラグスーツver.]■


figma『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』シリーズ第2弾は、EVA2号機に乗る勝ち気なヒロイン「式波・アスカ・ラングレー」を立体化。
衣装は物語中盤にて着用した、テストプラグスーツ仕様。 さすがにもうネタバレ云々にはならないよね?
本体の構造は「figma 真希波・マリ・イラストリアス[新型プラグスーツver.]」と共通ですが
ハンドパーツや可動間接ジョイント等の一部を除き、ボディ部は完全新規作り起こしとなっています。
可動箇所や各部ギミック等はマリのページを参考にしてください。
前回のマリ同様、胸や腰等には軟質素材を使用し、プラグスーツの質感を損なうことなく再現。
ちなみにマリでは”おさげ”部分も軟質素材製となっていましたが、アスカの髪には使用されていません。
その為首周りの可動は、マリと比べると若干制限されている感があります。
目やスーツの一部のディテールやマーキング等はプリントで再現。 アイプリントもイメージ通りの仕上がります。
周りの赤に潰れてしまい分かりにくいですが、スーツ脚部のパイプ状のラインの塗り分けも、しっかりと再現されています。
今回も接地面は非常に狭く安定性に欠けますが、単体での自立は可能です。






付属品&各ギミック

オプションハンド×5種(握り手、平手×2種、持ち手×2種)、オプションフェンス×3種
オプションヘッド、携帯電話(持ち手一体)、アスカのパペット、エントリープラグ・インテリア(画像省略)
その他、↑画像にはありませんがお馴染みのfigma専用台座やハンドパーツ用ラック、チャック付き小物入れなども付属しています。


フェイスパーツの差し替えで3タイプの表情を再現。


ヘッドパーツは2種類付属。 非可動タイプと可動タイプの2種。
可動タイプはインターフェイスヘッドセットでまとめた両サイドの髪が別パーツなっています。
全体の造形も髪が広がった状態になっており、非可動タイプとはまた違う雰囲気です。


可動タイプのヘッドパーツは、インターフェイスヘッドセットの基部がボールジョイントで可動します。
両サイドの髪の表情を変えられる他、メインの?後ろ髪は非可動タイプよりも後ろに開いているので、首の可動範囲も広がります。


携帯電話は専用の持ち手と一体になっており、取り外しは不可。
携帯のボディ部のカラーリングは勿論、内側の液晶やボタン等も細かく再現されています。


アスカのパペットも付属。 手首パーツとの差し替えで、パペットを手にはめた状態も再現可能です。
目や縫い目(手の部分は手作業?)、アスカの名前等は印刷で再現されています。



今回もエントリープラグ内のコントロールユニット&シートをイメージした、浅井真紀氏アレンジの「エントリープラグ・インテリア」が付属。
エントリープラグ・インテリアの詳細は「figma 真希波・マリ・イラストリアス[新型プラグスーツver.]」を参考にしてください。





















パペットアームでデストロン使徒をぶっ飛ばせ ヤー!!


エントリープラグ・インテリア搭乗時に台座のクリップを使用すると、髪がぴったりフィットして、首の自由が全く利かなくなります。
















ノーマルタイプのプラグスーツの先に、テストプラグスーツ仕様での立体化。
劇中の活躍度(操縦シーン等)でいったらノーマルタイプですが、『破』のアスカとなるとテストタイプのチョイスはベストでしょう。
相変わらずエントリープラグ・インテリアは無茶苦茶楽しいし、今回は劇中に登場した小物類も付属しているので
前回のマリと比べて、非戦闘シーン等のポージングの幅が広がっています。 豊富な表情パーツもいい味出しています。
ただ上記の通り、テストプラグスーツでのプラグ内アクションは全く無い為、エントリープラグ・インテリアとの相性は
ノーマルプラグスーツ姿の方がより合っていたとは思います。 その点は今後のラインナップに期待しましょう。。
といっても、それはそれとして楽しんだもん勝ち。 第9使徒なんて入っていなかったんです。 3号機は赤く塗りかえられたんです。


-TOP-

2011/01/28