■KONAMI 武装神姫 MMS TYPE SAMURAI BENIO<紅緒>■


武装神姫シリーズ第3弾は騎士型と侍型。両方ともデザインは篠房六郎氏となっています。
「MMS」についてのギミックや、付属の台座の解説はこちらで。
素体用オプションパーツとしてオプションハンドが5種類(鎧装着時用持ち手、固定持ち手、握り手、持ち手、平手)、各拡張スペーサー。
サイフォス同様、鎧の装着時には拡張スペーサーを使用しません。
頭部ポニーテールは位置固定となっています。



若干顔が腫れぼったい感じがするかな。




・侍型MMS 紅緒‐軽装形態-・
サンプル品と比べて色が違う部分や、塗られていない部分が多く見られます。
サイフォス同様に装備自体のギミックは特に無し。
こちらも鎧装着時用の持ち手が付属しているのですが、固定の持ち手のみで鎧装着時用の平手などは付属していません。
ちなみにサイフォスはそうでもなかったのですが、こちらはサイドスカートが若干外れやすい感じがします。







肩アーマーは二の腕部分に接続されており、肩の可動に干渉してしまい↑(左)程度しか腕を広げられません。
陣羽織を着ていますが、胸の可動を配慮して靡いている状態で固定されているので、可動に干渉することはありません。
またサイフォス同様、足首は二重ボールジョイントで接続されており、かなり優秀な接地性を持ちます。


陣羽織を装着した状態では拡張バンカーを使用できませんが、陣羽織のジョイントに直接スタンドを取り付けることができます。
サイドスカートには武器マウント用のジョイントが。


付属の武器は 薙刀[破邪顕正(ハジャケンショウ)]・太刀[為虎添翼(イコテンヨク)]
小太刀[怨徹骨髄(エンテツコツズイ)]・火縄銃[気炎万丈(キエンバンジョウ)]の4種
太刀、小太刀は鞘に収納する事はできず、別パーツで収納状態、抜刀状態の物が付属しています。
薙刀の底部のパーツ大きすぎない?


サイフォス同様アーマースタンドが付属し、使用していない一部武装を飾っておく事ができます。




・侍型MMS 紅緒‐重装形態-・
軽装形態から一部パーツ差し替えで重装状態へ。 変更部分は頭部、肩、胸、腰、太腿。
イラストでは重装状態になると袴を穿いているいるのですが、フィギュアでは太腿部分に袴(っぽいモールドが入った)パーツを取り付けて
袴を穿いている状態を再現しています。 気持ちはわかるのですが、中途半端で袴には見えない。太腿見えちゃってるし。
どうせなら色を統一したオリジナルの装甲パーツの方がまだ良かった気が。
また髑髏の目もイラストと比べると随分と小さくなっており、迫力不足。







髑髏の仮面は取り外し可能。 兜と頭部は一体なので取り外す事はできません。
ちなみに兜が肩パーツに干渉して、頭部の可動はある程度制限されてしまいます。


腕の可動は軽装以上に制限されてしまいます。
肩アーマーは二の腕部分のパーツにボールジョイントで接続されているのですが、殆んど効果なし。
さらにサィフォス同様ちょっと動かすと二の腕部分がすぐに抜けてしまい、動かすに動かせません。
ニントモカントモ。

肩アーマーに接続されている大袖パーツは取り外し可能。


重装状態では腰に拡張バンカーを取り付け可能。














感想はサイフォスと同様。とにかくポロリが酷く、さらにパーツ自体の干渉も多々あり
特に重装状態では動かす度にストレスが溜まる一方です。 重装備+鎧武者とゆう涎物の組み合わせだったので余計に残念。
こういった鎧系の装備はこのシリーズに向いていないのかな…。
個人的にガシガシ弄ってナンボなので、今後もう少しその点を配慮した商品開発をお願いしたいものです。

-TOP-
2006/12/10