バンダイ METAL BUILD GN-0000/7S ダブルオーガンダム セブンソード■


・GN-0000/7S ダブルオーガンダム セブンソード・
TAMASHII NATIONSの新ブランド『METAL BUILD(メタルビルド)』
「超合金シリーズ」や「GFF METAL COMPOSITE」をはじめとしたバンダイのハイエンド合金ロボットトイの技術力を活かし
造形美とギミック、さらにプレイバリューも突き詰めた最高クオリティのロボット完成品シリーズ。
歴代「超合金」シリーズで培われた、最高クオリティのロボット完成品トイ開発ノウハウを惜しみなく投入し
作品のデザイン性や世代に応じた商品デザインアレンジで立体化する新ブランドです。
(公式サイト解説文より抜粋)

シリーズ第1弾は『機動戦士ガンダム00』の主役メカ「ダブルオーガンダム」の強化型「ダブルオーガンダム セブンソード」
本機のオリジナルメカニックデザイナーであり、ホビーへの造詣も深い海老川兼武氏が立体用のデザイン・監修を担当し
本商品用に改めてダブルオーガンダム セブンソードをディテールアップ。 本商品の初回特典には、デザインと開発を特集した特製ブックレットが付属しています。

ボディには可動部を中心にダイキャストパーツを使用。 「GUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITE」や
「超合金魂」等の超合金ブランドで確立した技術ノウハウを引き継ぎ、金属パーツが魅せる"質感"や"重量感"、そして"高級感"を演出しています。
外装は硬質ABS素材を基本とし、シャープなメカの質感を表現。 GNコンデンサーやセンサー等はクリアパーツで再現。 見ごたえがあります。
本体彩色は一部間接や金属パーツ等を除き、全塗装により再現。 細かく丁寧な作業で、仕上がりは抜群。
ボディには海老川兼武氏が本商品用に新規にデザインした、オリジナルのマーキングが、タンポ印刷にて全身にビッシリと施されています。
オリジナルメカニックデザイナーだけあって、機体との相性も抜群。 数は多いですが、うるさくも無く綺麗に纏まっていると思います。
(↑画像ロールオーバー)









可動箇所&各部ギミック

首:2重(ボールジョイント&前後スイング) 腰:前後スイング。 腰:ボールジョイント。


バックパック部ドライヴアーム:2重(前後スイング&上下スイング)


肩部太陽炉ユニット:2重(横ロール&上下スイング)
ユニットとドライヴアームの接続部ジョイントは引き出し式になっており、ユニットの可動域を広げる事が出来ます。
ちなみにコーン型スラスター部は取り外しが可能。 こりゃリボーンズガンダムに期待?


胴体側肩ジョイント:2重(前後スイング&上下スイング)


腕側肩ジョイント:2重(縦ロール&横スイング) 肩アーマー:2重(縦ロール&横スイング)
上腕:横ロール。 肘:2重スイング。


手首:3重(上下スイング&横スイング&縦ロール)


腰部フロントアーマー:2重(縦ロール:引き出し式上下スイング)


腰部サイドアーマー:上下スイング。 ビーム−サーベル基部:上下スイング。


腰部リアアーマー:上下スライド。


股:2重(縦ロール&横スイング) 太股:横ロール。 膝:2重スイング。


足首:3重(横ロール&前後スイング&横スイング) 足首前部アーマー:上下スイング。 つま先:上下スイング。


バックパック部ノズル:各ボールジョイント可動。



付属品&各ギミック

オプションハンド×5種(握り手、持ち手1、持ち手2、持ち手3、平手)、GNバスターソードII、GNカタール×2
GNソードIIロング、GNソードIIショート、GNソードIIショート用ケーブルパーツ、GNビームサーベル×2
ノーマルダブルオー換装パーツ一式、GNバスターソードII用ジョイント一式、GNバスターソードII用スタンド一式、ディスプレイベース(画像省略)



ダブルオーガンダム セブンソード→ダブルオーガンダム換装ギミック

・GN-0000 ダブルオーガンダム・
膝部装甲パーツの差し替えでノーマルタイプのダブルオーガンダムも再現可能。 膝が違うだけですが、個人的にはこっちの方がスッキリしていて好き。
ノーマルタイプの膝部装甲パーツにもダイキャストパーツが使用されており、見栄えや質感の統一もしっかりと図られています。
勿論この状態でも付属の武装やディスプレイベース等も使用可能。 その他武器側の換装でノーマルタイプのGNソードIIも使用できます。



GNバスターソードII

・GNバスターソードII[マウント状態/GNシールドモード]・
GNバスターソードIIは差し替え無しで各部展開可能。 マウント状態からGNシールドへ。
各部にロック機構が組み込まれており、各形態をしっかりと維持できます。


・GNバスターソードII[バスターソードモード]・
グリップとハンドガードを展開すればバスターソードモードに。


バスターソードモード専用の持ち手も付属していますが、流石に片手での保持は無理。
それなのでクリアパーツ製の専用補助スタンドも付属しています。 ↑の様に刀身部を置いて状態を維持します。
支柱パーツは長さの違う2種類が付属。 ポーズに合わせて支柱の高さを変えられます。


GNバスターソードIIはツインドライヴ部に固定する他、肘部ジョイントや保持用グリップを起こして、腕で直接保持も可能です。


専用ジョイントをツインドライヴ部に取り付ければ、GNバスターソードIIの固定角度を変えられます。



GNソードIIロング/GNソードIIショート/GNソードII

・GNソードIIロング[ソードモード]・
グリップ部センサーにはクリアパーツを使用。
刀身やグリップガードには本体同様のオリジナルマーキングが施されています。


・GNソードIIロング[ライフルモード]・
刀身を倒し、グリップ部を展開すればライフルモードへ。 刀身部フォアグリップも展開可能です。




・GNソードIIショート[ソードモード]・
GNソードIIロングと同様に刀身部にはオリジナルのマーキングが。
ちなみにサンプルやパッケージ等で銃口部は塗装されていますが、製品版では省略されています。
他サイトさん等でも同じようなので、どうやらこれが仕様の様です。 一回気になると、どうしても目がいってしまいます。


・GNソードIIショート[ライフルモード]・
ロング版同様、グリップ部を展開すればライフルモードへ。


GNソードIIショートの刀身は中間部で分離し、その間にアンカーパーツを組み込むことで、刀身先端部有線射出状態を再現可能。
ケーブルパーツは自由に形状を変えることができます。




・GNソードII[ソードモード]・
GNソードII用刀身も付属。
GNソードIIロング&ショートとの組み替えで、GNソードIIを再現。


・GNソードII[ライフルモード]・
勿論ライフルモードも再現できます。


GNソードIIのグリップはパーツ差し替えなしで変形可能。 グリップの一部は設定どおりに前腕部コネクタに固定が可能。
それぞれの形態に合わせた持ち手パーツが付属しており、ピッタリとスマートに保持が可能です。


腰部サイドアーマーに接続する為のジョイントパーツは回転式なので、固定角度を調整することも可能です。
「そういえば、そんな設定もあった」な連結用ジョイントも付属。 GNソードIIのグリップを差し込んで連結状態を再現できます。



GNカタール/GNビームサーベル

・GNカタール・
印象的な刀身部はクリアパーツで再現。 GNソードIIと同様に刀身部にはオリジナルのマーキングが施されています。


カタールのマウントは膝部ジョイントに直接固定します。 グリップ部は差し替え無しで展開可能。
グリップ部が太く、持ち手でしっかりと保持ができるので、グラついたり、グリップが回ってしまったりする事はありません。



・GNビームサーベル・
ビームサーベルは本体腰部のサーベルグリップを直接使用可能。 クリアパーツ製のサーベルエフェクトパーツを取り付けて使用します。



ディスプレイベース

専用のディスプレイベースも付属。
台座部分には海老川兼武氏のオリジナルデザインによるデザインプリントが施されており、見栄えも○


支柱部は各部がスライドし、前後に角度を調整可能。 支柱を引き出して支柱のサイズを伸ばすことも可能です。
各可動部にはロック機構が用意されており、しっかりと状態を保持可能。
そのロック機構はワンタッチでロック&解除が可能で、手軽に調整が可能というスグレモノ。


本体接続用のジョイントは2種類付属。
本体の股に直接差し込むタイプの物と、一般的フィギュアスタンドの様に使える可動アーム付きの2タイプ。










・次へ・


-TOP-

2011/04/11